2006年05月20日

「戦争論概論」黒野耐

日本人は第二次世界大戦で軍部が独走して日本を悲惨な戦争に引き込んだ
というトラウマのため、戦争に極度の拒否感を持ち、
戦争論を学ぼうとしない。
しかし、強硬姿勢を示す中国、北朝鮮、韓国などに対し
このままでは日本の国益は侵されて行くだろう。
また、戦争を避けるためには戦争を知るべきなのである。

地政学
国際関係について地理的概念を基礎として全体の動向をつかみ、
そこから国家戦略に必要な判断の材料を引き出そうという学問。

アメリカの戦争思想
米国人にとって土地拡大は自然界の膨張と同じ「膨張の天命」であり、
19世紀中頃に太平洋岸まで発展することが米国の天命であると考える。
この思想は、太平洋やカリブ海へ進出するときにも用いられた。
米国は、冷戦時代に競い合ったソ連が消滅してしまったいま、
外部に敵を作ることによって政治的に団結するのが困難になってきた。
そしていま米国は「イスラム原理主義者」という新たな敵をつくりだした。

戦争形態の歴史
絶対王政時代の戦争は、軍隊が消滅すれば国王の地位を保証するものは何もなく、軍事行動は高価な傭兵の消耗を惜しんで慎重なものであった。
その戦争の形態ナポレオンが壊した。
ナポレオンは、敵国の抵抗力を完全に奪い、こちらの政治的要求を一方的に強要して戦争を終結させる「絶対戦争」という形で勝ち続けた。

ゲリラ対抗策
ゲリラが頑張れるのは民衆の中に隠れて支援を得るからである。
これを阻止するためには善政を行えばいい。
現在の政権に対する支持が得られれば、ゲリラを支援する人は減る。
民衆に助けられているゲリラを殲滅することは不可能であり、
政治的に解決することが有効なのである。

「戦争学」概論
「戦争学」概論
posted with amazlet on 06.05.20
黒野 耐
講談社 (2005/09)
売り上げランキング: 85,144
おすすめ度の平均: 3.8
5 戦争学の名著です!
1 古色蒼然たる「戦争概論」
4 わかりやすく戦争学が理解できるオススメ本

posted by xi at 15:36| Comment(1) | TrackBack(1) | 機械学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

「ゲーム理論入門」武藤滋夫

ゲーム理論とは、複数の意思決定主体が存在する状況における意思決定の理論。
人と人の関係から企業、国家などの組織と組織の間の関係まで使える。

非協力ゲームから情報不完備なゲーム、交渉ゲーム、
多人数協力ゲーム、進化的ゲーム理論まで簡単に説明されている。

支配(戦略1は戦略2を支配)
相手のどの戦略に対しても、戦略1をとったときの利得が
戦略2をとったときの利得よりも大きい

最適反応戦略
相手のある戦略のもとで自らの利得を最大にする戦略

ナッシュ均衡
お互いのとる戦略がそれぞれの相手の戦略に対する
最適反応戦略になっている戦略の組。
お互いの戦略を予想して行動するならば、
お互いの予想と実際に取る戦略が整合的になるのはナッシュ均衡しかない。
混合戦略まで考えるとナッシュ均衡は必ず存在する。

マックスミニ戦略
最小の利得の中で、最大の利得を与える戦略。

ミニマックス定理
2人のプレイヤーがそれぞれ有限個の純粋戦略を持つ2人ゼロサムゲームにおいては、
混合戦略まで考えれば、マックスミニ値とミニマックス値は一致する。

パレート最適性
交渉の妥協点においては、1人のプレイヤーの利得を改善しようとすれば、
他のプレイヤーの利得は必ず悪くなる

ゲーム理論入門
ゲーム理論入門
posted with amazlet on 06.05.18
武藤 滋夫
日本経済新聞社 (2001/01)
売り上げランキング: 21,506
おすすめ度の平均: 4.12
4 初めてでは厳しいけど
5 この本は
5 ゲーム理論をはじめるには最適な本

posted by xi at 21:28| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

「グーグル Google −既存のビジネスを破壊する−」 佐々木俊尚

司祭グーグルが人々の人間関係から情報の流通まですべてを取り仕切り、人々は自分の興味対象やほしいものをグーグル経由で探し、見つけ、購入する。

「情報のハブ(中心地)」はこれまでテレビ局や大手新聞社だった。
マスコミに情報が集まり、人は彼らからしか情報入手できなかったため、
マスコミは大きな力を持っていた。
しかし、検索エンジンやグーグルニュースの登場により、
情報のハブはグーグルに移りつつある。

近年、検索エンジンの使われ方が変化してきているらしい。
昔は「地図」や「アダルト」など調べモノの
検索キーワードが一般であったが、
2002年頃から「Yahoo」「フジテレビ」「NHK」など
特定のホームページを表すキーワードが上位を占めた。
これは、検索エンジンが「情報収集」ではなく、
「ナビゲーション」として使う人が増えてきたということをあらわしている。
つまりネットをするときは必ず通る道となるため、
検索エンジンは広告媒体として、また情報のハブとして大きな力を持つ。

グーグルにすべての人々はひれ伏さなければならなくかもしれない。

グーグルは検索エンジン、新聞、地図、メールなど
多くの無料サービスを使って、ありとあらゆる場所に広告を
はめ込んでいこうという戦略を持っている。
グーグルのアドワーズにより、
今まで広告を出せなかったような会社、店でも広告が打てるようになった。
1クリック7円から広告を出せる。
しかも、検索語に関連させることができるため、
ターゲットを絞って効果的に広告することができる。

経済学者パレートは20%の富裕層が富の全体の80%が
集中していることを発見した(パレートの法則)。
これが意味するのは、富裕層をねらったビジネスをすると
儲かるということである。
しかし、ネットではこれまで商売にならないと思われていた顧客層
(ロングテール)が重要になっているようである。
アマゾンの売上の半分以上が販売部数ランキングが4万位以下の本
が稼いでいるのである。
検索技術の進歩により今まで難しかったビジネスが成功するチャンスがある。


posted by xi at 22:10| Comment(6) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

「金融工学」木島正明

金融工学とは不確実性に起因するリスクを分析する学問。
ポートフォリオやデリバティブの計算だけでなく、
経営や政策における意思決定にも応用できるものです。

賭けでお金を倍にしたい場合。
あなたは手持ち全てを1回の賭けに賭けますか?
それとも、少しずつ数回に分けて賭けますか?
金融工学の考え方によると、
自分にとって不利な状況では一発勝負に出た方がよく、
逆に有利な状況では慎重な勝負に徹するべき、と言うことができます。

単に平均的な収益が最も高くなるように意思決定すると、
大損する可能性もあります。
大損はしたくないけど、できるだけ期待収益を大きくしたい、
もしくは、期待収益をある値に決め、リスクを最も小さくしたい、
ということはしばしば起こります。

リスクを数値化する方法は色々あります。
最も簡単には収益率の標準偏差(分散)をリスクと考えます。
ばらつきが大きいということは、高収益を上げることもあるけど、
大損する可能性もあるということを表しているためです。

また、考えられる最大損失額をリスクと捉えることもできます。
これはバリューアットリスク(VaR)の考え方で、
例えば、95%で価値が1週間で下落する最悪の下落幅が使われます。

本書は、ポートフォリオ理論、価格変動モデル、
無裁定理論、ブラックショールズの公式、債券価格モデルなど
が説明されています。

金融工学―経済学入門シリーズ
木島 正明
日本経済新聞社 (2002/05)
売り上げランキング: 117,293
おすすめ度の平均: 3.57
4 英語ではファイナンシャル・エンジニアリング
4 噛めば味が出る本です
5 かなりいい!

posted by xi at 22:46| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

「科学者という仕事−独創性はどのように生まれるか−」酒井邦嘉

アインシュタインやニュートンなど科学者がどのように独創的なアイデア
を生み出していったかを考える本。
科学者に限らず、サラリーマンにも独創的なアイデア発想のヒントになるだろう。

本を読むのもいいが、なるべく原論文を読みなさい。
そこにはナッセント・ステート(発生期の状態)の理論がある。
朝永振一郎
確立された理論は教科書に分かりやすく載っている。
それを読んで勉強してモノにすることも必要だが、
まだ生まれたばかりの、時には生まれる途中のアイデアが書かれた
原論文を読むことによって、新しい理論を生み出す創造性が磨かれる。

疑は知の基である。よく疑う者はよく知る人である。
恐るべきは権威ではなくて無批判な群集の雷同心理でなければならない。
寺田寅彦
子供のように周りのものに疑問をもち、思考する。
まわりの人が当たり前と思っていることを疑うことから、科学は始まる。

いかなる天才といえども無から有を生むことはできない。
必ず手本がいる。人類最高の知者ニュートンにおいてもしかりである。
藤原正彦
ベートーベンも習作時代に変奏曲を数多く書き残し、
先人の楽曲を主題として模倣し、創造力を確かなものにしていった。
独創的なアイデアが生まれないと嘆いていても何も進まない。
その道のトップもしくは先輩を模倣し、知識、技術を習得すると
おのずと独創性がついてくる。

そもそも正しい方向に進んでいるのかさえ私には定かではないのです。
アインシュタイン
あのアインシュタインでさえ、創造の生みの苦しみを感じているのである。
生みの苦しみを感じて挫折する必要なんてない。

研究の新しい着想には、異分野の発想が役立つことが多い。
実際、チョムスキーは多くの時間を専門以外の分野の文献を
読むことに充てていると語っている
これは発想法でよく言われることである。
異分野の思わぬつながりが独創性を生むのである。

教師にも、ほめて育てるタイプと
叱咤激励するタイプとの両方がある。
だから、他人の評価に一喜一憂しても仕方がない。
自分で本当に良いと思える仕事を残すことが大切で、
評価は二の次なのだ。


こつこつと実験を積み重ねてきたから、
いつもと違う現象が起きたときに、それを見過ごすことなしに
ピンとかんじることができた
田中耕一
偶然による発見(セレンディピティー)は、
ぐうたらとしていても起こらない。
真剣にそのことに考え取り組んでいる下地が必要なのである。

何か疑問が生じたときに、考える前にインターネット上で検索してはいないだろうか。その時すでに考えることを放棄しているのだ
情報収集にかかるコストが極端に小さくなったので、答えを自分で考えるよりもネット上で探す方が早くすむ。しかし、それを続けていたら考える力が落ちてしまう。受験勉強のとき答えを見ながら問題集を解いても、後で同じ問題をやっても忘れていることが多いだろう。答えを見る前に(情報収集する前に)ちょっとでもいいから自分なりの解答を出すことで、ネット上では見つからない問題にも対処することができるようになるだろう。

研究者と教育者の違い
研究者の仕事とは「まだ分かっていないことを人に分かるようにすること」。教育者の仕事は「すでに分かっていることを人に分かるようにすること」


一流の教師の質問術
たいていの教師は、生徒が何を知らないかを見つけ出すために質問しますが、本当の質問術は、生徒が何を知っているか、あるいは知る能力があるかを尽きて盛ることに向けられるのです


基礎研究者ための模範問答
M・ファラデーの新しい発見に対し、イギリス首相が「それは何の役に立つのか?」とたずねたとき、ファラデーは「生まれたての赤ん坊は何の役に立つのですか?」と答えたと伝えられている



posted by xi at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ブルージュへの旅

ベルギーの首都、ブリュッセルから電車で1時間ほど西へ行くと
水の都「ブルージュ」に着きます。

ブルージュは15世紀に栄えた街で、その当時の面影を残す、
とてもきれいな中世の都です。

小さな街で見所はすべて歩いて回れ、
ゆっくり散歩して水辺でボーっとしているだけで、
あちこちで美しい景色に出会えます。
ブルージュ池.jpg

ブルージュ夜景.jpg

ベルギーと言えば、ビール、ワッフル、チョコレート。
ベルギービールを飲めるバーがあって、
黒ビールやフラスコっぽいグラスに入ったビールなど
様々なビールが楽しめます。
ワッフル片手に街を散策して、かわいいチョコレートはお土産に。
20ユーロくらい出せば、簡単なフランス料理も楽しめます。
posted by xi at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松山・大洲・内子への旅

愛媛県といえばみかん。
電車もみかん色です。
電.jpg
もちろんサッカーチーム「愛媛FC」も、
http://www.ehimefc.com/p/index.html
四国独立リーグの「愛媛マンダリンパイレーツ」も、
http://www.iblj.co.jp/pirates/index.html
チームカラーはみかん色。

道後温泉は2階席でゆっくりするのを楽しみにしていましたが、
満席で温泉に入ってすぐ出なければなりませんでした。
道後.jpg

内子は小さい街で、駅から歩いて観光名所を回れます。
メインは劇場「内子座」。
内子.jpg
和傘や和ろうそくのお店で伝統技術を見ることができます。
溶けたロウに手をつっこんで、
ロウソクをつくる職人は見ものです。
普通の人だったら熱くて手の皮が剥けてしまうのに、
職人は黙々とロウで芯を太くしていっています。

大洲は内子よりは大きな街ですが、
お城や川、庭園など美しい景色が楽しめます。
道後.jpg
posted by xi at 21:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

株でも恋愛でも損切りできる勇気が大切

最近個人投資家がものすごい勢いで増えているようだ。
儲けている人もいれば、ライブドアショックによって大損し、
首も回らなくなってしまった人もいるだろう。

大損する典型的な流れは、
値が下がった株を「今売ると損になってしまうから」
と思って売ることなく保持し、さらに損が膨らんでしまう、
というものである。
つまり、損切りできない人は大損する可能性が高いのだ。

損切りとは、含み損の出ている証券を売却して損失を確定することである。
http://allabout.co.jp/glossary/g_money/w001537.htm

「○%下がったら損切りする」と決めておくのが投資の鉄則と
よく言われ、プロの投資家とアマの投資家の違いは、
損切りができるかの違いである。

損を確定するのは勇気がいる決断である。
しかし、投資に限らず、恋愛でも、仕事でも、人間関係でも
損切りしないと、損が膨らんで大失敗につながることもある。
恋人とズルズル続けていると、泥沼化してしまうかもしれない。

損切りの大切さを日常生活でも頭に片隅に置いておくと、
大失敗を防ぐことができるかもしれません。
posted by xi at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

matlabでグラフの中の文字を大きくする

matlabでグラフの中の文字を大きくする

論文などにグラフを張るとき、文字が小さいと読めなくなってしまいます。
そんなとき、plotする前に

set(0, 'DefaultAxesFontSize', 18);
set(0, 'DefaultTextFontSize', 18);

と宣言すれば、文字が大きくなります

posted by xi at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

matlabで棒グラフを描く

matlabで棒グラフの書き方

%%% データ
>>>> a = [ 1, 3, 5 ; 2, 2, 3 ; 3, 1, 2 ]
a =

1 3 5
2 2 3
3 1 2

%%% 棒グラフ作成
>>>> bar( a )

%%% X軸の名前をセット
>>>> set( gca, 'XTickLabel', {'A','B','C'} )

%%% X軸の名前をセット
>>>> legend( 'x', 'y', 'z' )

%%% png形式で出力
>>>> print -dpng 'bar.png'

%%% グレースケールに変換
>>>> colormap( gray )

%%% グレースケール版をpng形式で出力
>>>> print -dpng 'bar_gray.png'
posted by xi at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。