2006年05月15日

「グーグル Google −既存のビジネスを破壊する−」 佐々木俊尚

司祭グーグルが人々の人間関係から情報の流通まですべてを取り仕切り、人々は自分の興味対象やほしいものをグーグル経由で探し、見つけ、購入する。

「情報のハブ(中心地)」はこれまでテレビ局や大手新聞社だった。
マスコミに情報が集まり、人は彼らからしか情報入手できなかったため、
マスコミは大きな力を持っていた。
しかし、検索エンジンやグーグルニュースの登場により、
情報のハブはグーグルに移りつつある。

近年、検索エンジンの使われ方が変化してきているらしい。
昔は「地図」や「アダルト」など調べモノの
検索キーワードが一般であったが、
2002年頃から「Yahoo」「フジテレビ」「NHK」など
特定のホームページを表すキーワードが上位を占めた。
これは、検索エンジンが「情報収集」ではなく、
「ナビゲーション」として使う人が増えてきたということをあらわしている。
つまりネットをするときは必ず通る道となるため、
検索エンジンは広告媒体として、また情報のハブとして大きな力を持つ。

グーグルにすべての人々はひれ伏さなければならなくかもしれない。

グーグルは検索エンジン、新聞、地図、メールなど
多くの無料サービスを使って、ありとあらゆる場所に広告を
はめ込んでいこうという戦略を持っている。
グーグルのアドワーズにより、
今まで広告を出せなかったような会社、店でも広告が打てるようになった。
1クリック7円から広告を出せる。
しかも、検索語に関連させることができるため、
ターゲットを絞って効果的に広告することができる。

経済学者パレートは20%の富裕層が富の全体の80%が
集中していることを発見した(パレートの法則)。
これが意味するのは、富裕層をねらったビジネスをすると
儲かるということである。
しかし、ネットではこれまで商売にならないと思われていた顧客層
(ロングテール)が重要になっているようである。
アマゾンの売上の半分以上が販売部数ランキングが4万位以下の本
が稼いでいるのである。
検索技術の進歩により今まで難しかったビジネスが成功するチャンスがある。


posted by xi at 22:10| Comment(6) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

「金融工学」木島正明

金融工学とは不確実性に起因するリスクを分析する学問。
ポートフォリオやデリバティブの計算だけでなく、
経営や政策における意思決定にも応用できるものです。

賭けでお金を倍にしたい場合。
あなたは手持ち全てを1回の賭けに賭けますか?
それとも、少しずつ数回に分けて賭けますか?
金融工学の考え方によると、
自分にとって不利な状況では一発勝負に出た方がよく、
逆に有利な状況では慎重な勝負に徹するべき、と言うことができます。

単に平均的な収益が最も高くなるように意思決定すると、
大損する可能性もあります。
大損はしたくないけど、できるだけ期待収益を大きくしたい、
もしくは、期待収益をある値に決め、リスクを最も小さくしたい、
ということはしばしば起こります。

リスクを数値化する方法は色々あります。
最も簡単には収益率の標準偏差(分散)をリスクと考えます。
ばらつきが大きいということは、高収益を上げることもあるけど、
大損する可能性もあるということを表しているためです。

また、考えられる最大損失額をリスクと捉えることもできます。
これはバリューアットリスク(VaR)の考え方で、
例えば、95%で価値が1週間で下落する最悪の下落幅が使われます。

本書は、ポートフォリオ理論、価格変動モデル、
無裁定理論、ブラックショールズの公式、債券価格モデルなど
が説明されています。

金融工学―経済学入門シリーズ
木島 正明
日本経済新聞社 (2002/05)
売り上げランキング: 117,293
おすすめ度の平均: 3.57
4 英語ではファイナンシャル・エンジニアリング
4 噛めば味が出る本です
5 かなりいい!

posted by xi at 22:46| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

「科学者という仕事−独創性はどのように生まれるか−」酒井邦嘉

アインシュタインやニュートンなど科学者がどのように独創的なアイデア
を生み出していったかを考える本。
科学者に限らず、サラリーマンにも独創的なアイデア発想のヒントになるだろう。

本を読むのもいいが、なるべく原論文を読みなさい。
そこにはナッセント・ステート(発生期の状態)の理論がある。
朝永振一郎
確立された理論は教科書に分かりやすく載っている。
それを読んで勉強してモノにすることも必要だが、
まだ生まれたばかりの、時には生まれる途中のアイデアが書かれた
原論文を読むことによって、新しい理論を生み出す創造性が磨かれる。

疑は知の基である。よく疑う者はよく知る人である。
恐るべきは権威ではなくて無批判な群集の雷同心理でなければならない。
寺田寅彦
子供のように周りのものに疑問をもち、思考する。
まわりの人が当たり前と思っていることを疑うことから、科学は始まる。

いかなる天才といえども無から有を生むことはできない。
必ず手本がいる。人類最高の知者ニュートンにおいてもしかりである。
藤原正彦
ベートーベンも習作時代に変奏曲を数多く書き残し、
先人の楽曲を主題として模倣し、創造力を確かなものにしていった。
独創的なアイデアが生まれないと嘆いていても何も進まない。
その道のトップもしくは先輩を模倣し、知識、技術を習得すると
おのずと独創性がついてくる。

そもそも正しい方向に進んでいるのかさえ私には定かではないのです。
アインシュタイン
あのアインシュタインでさえ、創造の生みの苦しみを感じているのである。
生みの苦しみを感じて挫折する必要なんてない。

研究の新しい着想には、異分野の発想が役立つことが多い。
実際、チョムスキーは多くの時間を専門以外の分野の文献を
読むことに充てていると語っている
これは発想法でよく言われることである。
異分野の思わぬつながりが独創性を生むのである。

教師にも、ほめて育てるタイプと
叱咤激励するタイプとの両方がある。
だから、他人の評価に一喜一憂しても仕方がない。
自分で本当に良いと思える仕事を残すことが大切で、
評価は二の次なのだ。


こつこつと実験を積み重ねてきたから、
いつもと違う現象が起きたときに、それを見過ごすことなしに
ピンとかんじることができた
田中耕一
偶然による発見(セレンディピティー)は、
ぐうたらとしていても起こらない。
真剣にそのことに考え取り組んでいる下地が必要なのである。

何か疑問が生じたときに、考える前にインターネット上で検索してはいないだろうか。その時すでに考えることを放棄しているのだ
情報収集にかかるコストが極端に小さくなったので、答えを自分で考えるよりもネット上で探す方が早くすむ。しかし、それを続けていたら考える力が落ちてしまう。受験勉強のとき答えを見ながら問題集を解いても、後で同じ問題をやっても忘れていることが多いだろう。答えを見る前に(情報収集する前に)ちょっとでもいいから自分なりの解答を出すことで、ネット上では見つからない問題にも対処することができるようになるだろう。

研究者と教育者の違い
研究者の仕事とは「まだ分かっていないことを人に分かるようにすること」。教育者の仕事は「すでに分かっていることを人に分かるようにすること」


一流の教師の質問術
たいていの教師は、生徒が何を知らないかを見つけ出すために質問しますが、本当の質問術は、生徒が何を知っているか、あるいは知る能力があるかを尽きて盛ることに向けられるのです


基礎研究者ための模範問答
M・ファラデーの新しい発見に対し、イギリス首相が「それは何の役に立つのか?」とたずねたとき、ファラデーは「生まれたての赤ん坊は何の役に立つのですか?」と答えたと伝えられている



posted by xi at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ブルージュへの旅

ベルギーの首都、ブリュッセルから電車で1時間ほど西へ行くと
水の都「ブルージュ」に着きます。

ブルージュは15世紀に栄えた街で、その当時の面影を残す、
とてもきれいな中世の都です。

小さな街で見所はすべて歩いて回れ、
ゆっくり散歩して水辺でボーっとしているだけで、
あちこちで美しい景色に出会えます。
ブルージュ池.jpg

ブルージュ夜景.jpg

ベルギーと言えば、ビール、ワッフル、チョコレート。
ベルギービールを飲めるバーがあって、
黒ビールやフラスコっぽいグラスに入ったビールなど
様々なビールが楽しめます。
ワッフル片手に街を散策して、かわいいチョコレートはお土産に。
20ユーロくらい出せば、簡単なフランス料理も楽しめます。
posted by xi at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

「経済学的思考のセンス」大竹文雄

経済学的な考え方で、
お金がない人を助けるにはどうすればいいか?
女性はなぜ背の高い男性を好むのか?
イイ男は結婚しているのか?
どうすれば野球選手はやる気を出すか?
年金制度はどうすればいいか?
成果主義は効果的か?
などの疑問に答えてくれ、経済学的思考法を学べる本。

経済的思考のキーワードはインセンティブと因果関係。
社員にやる気を出させたり、もてる男になるためには、
インセンティブをうまく設定してやることが必要である。
また、相関関係を見るだけでは、
どちらが原因でどちらが結果かは分からない。
因果関係をはっきりさせ、問題に対処することが必要である。

メモ

背の高い男性は高給取り
イギリス人男性では1インチ(2.54cm)身長が高いと、賃金が2.3%高くなり、
アメリカ人では1.8%、日本人では0.8%高くなる

統計的に美男美女はブサイクよりも高い賃金を得ている

成果主義的賃金制度の導入は、
1.どのような仕事のやり方をすれば成果が上がるかよく分からない
2.従業員の仕事ぶりを評価することが難しいが成果の評価が正確にできる
場合に行われるべきものである

任期制よりも終身雇用制にした方が人件費は安くすむ
労働者は給料が低くてもリスクの低い終身雇用制の企業を選ぶため

プロスポーツは、一般の労働市場では研究者が手に入れることが困難な
年棒や成績という情報を比較的容易に手に入れることができるため、
経済学の理論モデルを検証するために頻繁に使われている


posted by xi at 23:20| Comment(0) | TrackBack(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

「坊っちゃん」夏目漱石

近代小説に勧善懲悪の主題を復活させた快作。

愛媛松山に旅行に行くから、
夏目漱石が松山に教師として赴任した時の体験をもとにして書いた
坊っちゃんを読んでみた。

「ほかの所は何を見ても東京の足元にもおよばないが温泉だけは立派なものだ」
と言わしめる道後温泉が楽しみだ。

主人公は漱石自身とされているが、実際には同志社を卒業して英語の教師として赴任した弘中又一(ひろなかまたいち:山口県で明治6年生)の行状をヒントにしたものである。漱石自身は作品中では教頭の「赤シャツ」だとするのが概ね正しい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%8A%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

坊っちゃん
坊っちゃん
posted with amazlet on 06.04.05
夏目 漱石
新潮社 (1968/00)
売り上げランキング: 13,790
おすすめ度の平均: 4.54
5 希望と諦念と
4 一人称小説の罠。ほんとに坊ちゃんは正義の味方か?
3 微笑ましい

posted by xi at 21:40| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

「ユダヤ人大富豪の教え」本田健

著者の本田健が学生のときにアメリカで出会ったユダヤ人大富豪に
教えられた幸せな金持ちになる秘訣が書かれている。

ユダヤ人は商売上手と言われ、
ロックフェラー、ロスチァイルドなどの大富豪が出ている。
文化的、慣習的に、お金持ちになれる要素を持っているのだろう。
起業したい人は読むと参考になりそう。

メモ

幸せな金持ちになるための秘訣は、自分の大好きなことを仕事にすることだ。
普通の人は自分の好きなことをやらずに、
周りの望むことばかりを考えて生きている。
小さい頃から好きだったことを思い出し、
日常的に少しずつやってみればよい。

大好きなことにめぐり合うための一番の方法は、
いまやっていることが何であれ、それを愛することだ。

自分のなりたい姿を想像したり、やりたいことを想像すると、
驚くように現実になるだろう。

普段考えていること、感じていることは、紙に書いたほうがいい。

できるだけいろんな人と付き合い、会ったら5分でその人が
どんな人物かを見極めなさい。

行動心理学を学ぶことで、自分自身を動機付けること、
他人を動機付けることができるようになる。

偉い人には、あたかも彼が偉くないかのように接し、
偉くない人には、あたかも彼が偉い人のように接しなさい。

いままで望んできて達成できたことのリストを書きなさい。
また、達成できなかったことのリストを書きなさい。

自分がすべきだと思うことを目標に設定してはいけない。
その目標が達成できると、どんな楽しいことがあるか考えると、
ワクワクするような目標がよい。
絶えず目標が達成したときに自分や周りの人が喜んでいるところを
イメージし、目標に向かって一つ一つ行動に移していく。

「自分は素晴らしい人間だ」と思っていれば素晴らしい人間になれる。
セルフイメージを高めることで、
素晴らしい女性、富、成功を引き寄せることができる。

日常から即決断を意識し、決断力を高める。
そして、その道を進むと決めたら迷わない。

アメリカの平均的億万長者は、たいてい一度は破産している。
ウォルト・ディズニーもそうだ。



posted by xi at 21:29| Comment(0) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

「一瞬で信じ込ませる話術・コールドリーディング」石井裕之

最近テレビでもよくみるセラピスト・石井裕之による
占い師や詐欺師が使う人を信じこませるための
禁断のテクニックを紹介した本。

コールドリーディング(cold reading)とは、
まったくの準備なしで初対面の人を占うこと、
人の心をその場で読むこと、です。
この本には、占い師が使うテクニックが説明されています。
占い師になりたい人、他人に信用してもらえるようになりたい人、
騙されなくなりたい人のためになります。

占い師は基本的に信用してないのですが、
相談に乗るのがうまい人、解決案を出すのがうまい人はいるでしょう。
そういう能力を持った占い師だったら、
相談に行く価値はあると思います。
コールドリーディングというテクニックで占いをしていた人でも、
色んな人を観察し、経験を積むことによって、
能力が高まっていくこともあるでしょう。

セールス、教育、面接、クレーム対応、プレゼン、恋愛など
日常でのコールドリーディング利用法も載っています。

メモ

バーナム効果:人間の自己評価なんていい加減
手相を見たり、性格診断テストをして、
誰にでも当てはまるようなことを言うと、
その占いやテストは当たってる!と思ってしまう

セレクティブメモリ:インパクトのあることだけ覚えている
占いで、大きな当たりが1つあれば、はずれたことは忘れられる

アンビバレンス:矛盾した感情をもつこと
矛盾する二つの側面の両方(愛想がいい反面、用心深い)を提示すれば、
ほとんどの人に当てはまる

ストックスピール:誰もが体験するようなことを提示する

サトルネガティブ:○○社に勤めている人じゃないよね?
否定疑問形で適当に言う。
間違っていてもそれほどの害はない。
まぐれで当たったら大成功。
違ってても同じ業界とかだったらちょっと占い師っぽい。

秘密のフレーズ:「出し切れていない」「普通の人よりも」

一瞬で信じこませる話術コールドリーディング
石井 裕之
フォレスト出版 (2005/06/01)
売り上げランキング: 529
おすすめ度の平均: 3.95
5 コールドリーディングはコールドセールスに通ず
5 セールスに「正しく」応用できます
5 コールドリーディング、人間関係が上手な人は確かに使っていますね

posted by xi at 21:39| Comment(0) | TrackBack(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン

この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、
すべて事実に基づいている。

やっと文庫が発売されたので買って読みました。
2000年におよぶ壮大なミステリーに圧倒されます。
昔読んだマイケルクライトンの「タイムライン」を思い出しました。

タイムライン〈上〉
タイムライン〈上〉
posted with amazlet on 06.03.30
マイクル クライトン Michael Crichton 酒井 昭伸
早川書房 (2003/12)
売り上げランキング: 130,977
おすすめ度の平均: 3.86
5 クライトンの発想力と理論武装に脱帽!
3 歴史小説
5 映画のあとで


「ダ・ヴィンチ・コード」文庫版、13日目で百万部突破
http://www.asahi.com/culture/update/0329/013.html

ハードカバー版でもかなり売れたのに文庫版だけで100万部とは。。。

トム・ハンクス、ジャン・レノなど出演で映画も5月に公開されます。

ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2004/05/31)
売り上げランキング: 331
おすすめ度の平均: 3.93
5 宗教に無関心な人こそ読むべし!
5 評判どおり面白い
5 この本は、ページをめくる手を休めさせてくれない。

posted by xi at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

「行動分析学入門」杉山尚子

行動分析学とは、人間の行動の原因を解明し、
法則を見出そうとする科学である。
また原因の解明を通じて、よりよい方向に改善することも目的としている。
応用先として、自閉症、発達障害、教育、組織行動マネイジメント、
パフォーマンス・マネイジメント、スポーツ行動分析など様々あり、
医者だけでなく、先生、社長、スポーツ選手など、
全ての人が知っておいて損はない知識である。

「行動分析学入門」はその基礎から分かりやすい例をまじえ教えてくれ、
その効果的な使い道も示してくれる。

行動分析学では、行動の原因を心の中ではなく、
行動とその行動がもたらす効果(行動随伴性)に求める。
例えば、タバコをやめられない原因は意思が弱いからとよく言われるが、
禁煙を決意したのにタバコを吸っていることを別の言葉で言い換えただけ、
すなわちラベルづけしただけにすぎない。

行動は「レスポンデント行動」と「オペランド行動」とに大別できる。
レスポンデント行動とは、原因となる外界の刺激があらわれ、
次にそれに反応して行動がおこるものを言う。
オペランド行動とは、行動の後に発生することが
行動の原因になるものを言う。
例えば、ごみが目に入って涙を流すのはレスポンデント行動であり、
部屋を明るくするために電気のスイッチを押すのはオペランド行動である。

好子とはその人にとって嬉しいこと好ましいことであり、
嫌子とはその人にとって嫌なことである。
ある行動をした結果、好子出現、もしくは、嫌子消失があれば
繰り返し同じ行動をするようになり(強化)、
好子消失、もしくは、嫌子出現があれば
同じ行動をしなくなる(弱化)。
これでまわりの人の行動を分析する癖をつけると、
世の中の見え方が変わってくるかもしれない。

好子は行動したら毎回出現しなくても行動が維持されやすいのに対し、
嫌子は頻繁に与え続けないと行動をやめさせられない。
また、たまに好子を出現させた方が連続的に与えるよりも、
行動がより継続的になる傾向がある。

行動分析学が教える人および自分を動かす術

よいリーダーシップとは、指示→観察→フィードバックの1セットを
短期間で完結することである

具体的な行動で指示をする(行動的翻訳)
○「毎食後、オレンジジュースをグラスに1杯ずつ飲みなさい」
×「ナトリウムを控えてカリウムを多めに摂取しなさい」

目標の達成方法:シェイピング
現時点で達成可能な目標を設定し、安定して達成できるようになったら、
すこしずつ目標を引き上げ、最終目標を達成すること

教え方:逆行チェイニング
子供に歯磨きを教えるときなどは、
はじめの方を手伝って、最後のプロセスを自分でさせる。
最後のプロセスができるようになったら、最後から2番目、
その次は最後から3番目と順に一人でやらせ、最終的にはじめから
自力でできるようにする。
最後の締めだけは自分でさせ、達成感を味わわせるところがみそ。
「仕上げはお母さん♪」ではなく「仕上げは自分♪」で。

行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由
杉山 尚子
集英社 (2005/09)
売り上げランキング: 2,038
おすすめ度の平均: 4
5 行動分析学を人材育成に生かしたい
3 教科書的過ぎ・・・
4 「新しい」心理学

posted by xi at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

「99.9%は仮説-思い込みで判断しないための考え方」竹内薫

「飛行機が飛ぶ仕組み」は最先端科学でも説明できない!
という事実から、科学的に正しいと思われていることでも
仮説にすぎないことを示し、
偏見だらけの硬い頭をやわらかい頭にするための本。

科学的であるためには反証可能性がなければなりません。
つまり、間違っていると証明できることが科学です。
反対に考えると、科学は完璧に正しいと証明できないものです。
正しいと考えられていたニュートン力学も
アインシュタインの相対性理論によって正しくないことが示されました。

あたり前だと考えられていたことが単なる仮説だと気づくことができれば、
その仮説を壊すことで、創造的なアイデアを生むことができます。

また、自分の頭のなかが仮説だらけということだけでなく、
他の人の頭のなかも仮説だらけだということをちゃんと把握しておかないと、
コミュニケーションがとれなかったりします。


posted by xi at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

「第一印象で差をつけろ」アン・デマレイス+バレリー・ホワイト、橋本夕子訳

他人があなたをどんなふうに評価し、
そしてさらに深く知りたいと思うかどうかは、第一印象にかかっている。
心理学によれば、人は他人を評価するとき、最初に入ってきた情報を、
あとからの情報より重要視する傾向がある。
就職面接、営業、お見合い、合コン、はじめて会う人に
気に入ってもらいたい状況はたくさんある。
そんな時にちょっとしたテクニックで大きな差が生まれるかもしれない。

初対面では先に相手の欲求を満たしてやる。
長所を認め、共通の趣味で結びつきを感じさせ、
楽しい気分にし、新しい知識や考えを気前よく提供する。

話しかけたいが躊躇してしまうときは誰にでもある。
積極的に話しかける人は、
このような自分から接触していく労を肩代わりしてくれるので、
好まれることが多い。

話しかけたはいいが話題に困ることもあるだろう。
初対面で最も自然な話題は、その場の状況、今いる場所とそこにいる人
についてである。目や耳に入ってくるもの、例えば、
天気や部屋や料理などについてコメントすればよい。

質問することによって会話をはずませ、相手について知ることができる。
ここで重要なことは、イエスノーで答えられるような質問ではなく、
WhyやHowなど話題が広がるような質問がよい。
また、「○○って聞いたことあります?」「○○はどう思いますか?」
など自分から話題を振ることも必要だ。

また、心理学的調査により、同じ価値観を、例えば
子育て、福祉、法律、喫煙、外国映画といったものに対して、
もっている人に惹かれやすいことが分かっている。
共通の話題があったら積極的に話そう。
逆に、知らない話題を振られた場合でも、
知らないことを正直に認め、
相手から新しいことを学ぼうとする姿勢が大切だ。
相手は得意分野について話せるチャンスをうれしく思うだろう。

外見に自信がなさそうにしていると、異性から魅力的に見えない。
自分は「リラックスをし、魅力的な人間である」と信じて堂々としていれば、
見ている方も気持ちいい。

第一印象で差をつけろ―「また会いたい」と思わせる7つのポイント
アン デマレイス バレリー ホワイト Ann Demarais Valerie White 橋本 夕子
ソニーマガジンズ (2005/02)
売り上げランキング: 289,000
おすすめ度の平均: 4.33
5 気づきがたくさんあった
4 具体例が豊富で理解しやすい
4 論理が明快


posted by xi at 22:23| Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

「天才の読み方」齊藤孝

天才は努力していないわけではなく、
明晰な意識を持って課題に取り組んで、
自分自身を意識的に伸ばしている、上達の達人である。
かつ、自分のスタイルを持っており、元気に幸せに生きている。
4人の天才、ピカソ、宮沢賢治、シャネル、イチローから、
元気に生きるためのワザを得ることが出来る本である。

ピカソも宮沢賢治もシャネルもイチローも
詳しくその生い立ちを知らなかったので、それを読むだけでも愉しめた。

ピカソはさまざまな新しい様式を試み、同時代に大きな影響を与えた。
新しい様式を試みることができたのは、
青の時代やバラの時代など、若い時代の成功があったから、
世間に認められていたからだった、とピカソ自身言っている。
若い時には、まわりに実力を認められるような成果を残し、
奇抜なことに取り組むのはその後からの方がやりやすい。
ピカソは14歳のころには20世紀までの
絵画技法をほとんどマスターしていたとも言われている。
基礎が完璧にできていたからこそ、大きな影響を与えられたのだろう。

ピカソはインスピレーションを得るために、コラージュ
(本来結びつかないもの同士を結びつけて作品にする)を作っている。
思いついた何かと何かを適当にくっつけたものを考えることによって、
無理矢理インスピレーションをかきたてることができるかもしれない。

またピカソは他の画家の作品を摸倣しアレンジしている。
まねることによって、技だけでなく、創作の秘密さえも身体をつかって
盗みとっていくことができるのである。

宮沢賢治は文学的才能だけでなく、知識が豊富だった。
知識があるからこそ、人が気がつかないものに気がつき、
感性が鋭く、世界を豊かに見ることができたのだ。

また宮沢賢治は農民の生活を向上させようという大きな
目標をもって生きていた。
自分自身のためにやるだけでなく、他人のために力を注ぐことで、
より大きなエネルギーが湧いてくるものである。

ピカソも宮沢賢治も膨大な数の作品を残した。
大量のアウトプットを出すことも天才への道だろう。
量の積み重ねがあってこそ、
ある時に質的な変化が引き起こされることもある。

イチローの章は、練習するときの心構え、集中力の高め方など、
特にスポーツをやっている人に参考になるだろう。


天才の読み方―究極の元気術
齋藤 孝
大和書房 (2003/01)
売り上げランキング: 34,161
おすすめ度の平均: 4
4 天才から学べること
4 朝起きたら天才になっていたというのは、ありえない
5 天才はきわめてロジカルに考え行動する

posted by xi at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

「戦略思考トレーニング」西村克己

発想を変える、戦略的に考える、論理的に考える、
成功確率を上げる、思考力を高めるための例題が並んでいますが、
当たり前のことがほとんどです。

でも、当たり前のことができなくて失敗することは多々あります。
確認のためにはいいかも。

課題を整理するためのロジックツリーやパレート図
などのテクニックも紹介されています。

メモ

問題意識を湧く時
1.目標が明確になった時
2.現状を正しく把握した時
目標と現状のギャップが明らかになり、問題意識が湧く

分析とは分けること
分析とは構成要素を分離して、内部構造を明らかにしていく作業

改善の切り口:ECRS
E(Eliminate:排除)、C(Combine:統合)、
R(Replace:交換)、S(Symplify:簡素化)

戦略思考トレーニング―考える力が飛躍的にアップする!
戦略思考トレーニング―考える力が飛躍的にアップする!
posted by xi at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

「国家の品格」藤原雅彦

実力主義、論理・合理主義、民主主義、平等、国際化などなど
多くの論客がその重要性を叫んでいるものを切捨て、
品格ある古き良き日本に戻ることを提言する本。

ここまでの反論は読んでいて意気持ちいいものだし、
納得できる部分も数多くある。
異なる角度から現代社会、日本を見ることができる。

多くの日本人は経済大国になった今でも、
アメリカやヨーロッパにぼんやりとした劣等感を持っている気がする。
劣等感などは感じる必要は何一つなく、
日本の伝統(武士道、文化、風土)の素晴らしさを
気づかせてくれてくれる本でもある。

競争社会の悪

実力社会では、まわりは敵ばかりで不安定で、
穏やかな心では生きていけない社会になってしまう。

論理の悪

論理的に正しいからといってそれを徹底していくと、
人間社会は必然的に破綻に陥ってしまう。
ゲーデルの不完全性定理によって正しいか誤りか判断できないことが
完全無欠と思われていた数学においても起こってしまうと証明されたし、
論理の出発点を間違うと、とんでもない結論に至ってしまう。
人を殺していけない論理的理由は何一つなく
「駄目だから駄目」と情緒が分かることが不可欠である。

民主主義の悪

第一次世界大戦の原因となったサラエボ事件。
その時点でヨーロッパの首脳で大戦争をしようと思っていた人はいなかった。
ところが国民が大騒ぎした結果、民主主義国家ゆえに戦争が始まり、
850万人が犠牲となってしまった。
民主主義が前提としている「成熟した判断ができる国民」は成り立たず、
民衆が悲惨な選択をすることはしばしば起こる。
どんな悪でも世論が正義となってしまい、
マスコミが第一権力となってしまう。
民衆の暴走を抑制するための、真のエリートを養成することが必要である。

ナショナリズムの悪

自国の国益のみを追求する思想だと、戦争につながりやすい。
他を排除するナショナリズムではなく、
祖国愛(パトリオティズム:自国の文化、伝統、自然を愛すること)
を持つべきである。

グローバリズムの悪

世界の経済、文化、社会がアメリカ化、画一化されてしまう。
効率はよくなるかもしれないが、
各国、各民族、各地方に生まれ美しく花開いた文化や伝統は、
そんな効率よりも価値が高い。「たかが経済」である。

市場経済の悪

社会を少数の勝ち組と大多数の負け組にはっきり分ける仕組みである。

英語教育の悪

国語がおろそかになり日本語が使い物にならなくなり、
まともな思考ができなくなる可能性がある。
言語と思考はほとんど同じものだからである。

古き良き日本:江戸時代

天才が生まれるのは一定の地域からしか生まれてこない。
美しい景色があり、伝統や自然や神にひざまずく心があり、
精神性(文学・芸術・宗教)を尊ぶ風土が、
天才が生まれる地域に共通することである。

江戸時代の日本には、田園風景が広がり、
武士道(慈愛、誠実、任愛、正義、勇気、惻隠)があり、
金儲けの役に立たない読書に国民は楽しみを見出していた。
天才を生む土壌があり、関孝和、松尾芭蕉などの天才を輩出した。
江戸を見れば、明治以降の目の覚めるような近代化は必然だったのである。

国家の品格
国家の品格
posted by xi at 23:16| Comment(0) | TrackBack(11) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

「成功術 時間の戦略」鎌田浩毅

京都大学の講義で教える成功するためのエッセンスが書かれた本。

仕事を選択するときのポイント

好きなことを仕事にしようとすると「下手の横好き」になりがちだ。
本人は満足しているかもしれないが、はたからみると意味のないことをやっていると思われ、
時間と労力の浪費に終わることが多い。
「好きなこと」より「よくできること」をまず仕事にしてみる。
また、自分にあった仕事というよりは、
社会が必要とする人材に自らなれば、失敗することはない。

成功術

読んで学んだことは、すぐに行動に移してみる
大事な仕事から最初にやる
仕事に保険をかけ、コツコツやって完成するような仕事も合せて進める
教養にどれだけ投資できるかで、人間の器が決まる
自分の専門分野を隣の分野で応用してみる
受身になり師から素直に学ぶ
努めて人によくすれば、いつかは恩恵が返ってくる

成功術 時間の戦略
成功術 時間の戦略
posted by xi at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

「銃・病原菌・鉄」ジャレド・ダイアモンド

現在、欧米が現在の政治、経済の中心となっている。
一方、アフリカには飢餓に苦しむ人々がいたり、
また、オセアニアには狩猟生活を送っている民族もいる。
「銃・病原菌・鉄」は、なぜこんなにも大陸によって異なる社会へと発展したのか?
という壮大な謎に挑む本である。

1998年度のピューリッツァー賞の一般ノンフィクション部門の受賞作。

遺伝学、分子生物学、行動生態学、疫学、言語学、文化人類学、考古学など
さまざまな学問の知識を動員しており、読みごたえがある。

題名になっている、銃・病原菌・鉄は、大航海時代以降、
ヨーロッパ諸国がアメリカやアフリカ、オセアニアの先住民を殺し、
征服することができた直接の要因である。
銃で殺された先住民よりも、
ヨーロッパから持ち込まれた伝染病によって死んだ先住民の方が圧倒的に多い。
コロンブスの大陸発見以前の人口の95パーセントは伝染病で死んだ。

大まかに言って、ユーラシア大陸が最も栄えている。
この究極の要因は、ユーラシア大陸は東西に伸びる大陸であるからだ。
東西では、南北に移動するのとくらべ、気候の変化が小さい。
そのため、広い範囲で、同じ植物を栽培し、同じ動物を家畜とすることが可能になる。
また、栽培可能な植物や、家畜可能な動物が、
もともと野生種として数多く存在したこともユーラシア大陸に有利に働いた。

栽培や家畜が可能になると、食料を大量に得ることができ、
集団のなかで多くの人口を抱えることもできる。
すると、社会構成をより複雑で専門化することができ、技術の発達につながる。
それが、銃や鉄の発明につながった。
また、人口密度が高く、家畜とともに生活していたため、伝染病が昔からあった。
そのため、伝染病に免疫のある遺伝子を獲得していたのだ。

銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄
★★★★★
posted by xi at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

「坂の上の雲」司馬遼太郎

愛国心が芽生える小説。

明治時代は、日本全体が一丸となって、西欧諸国に追いつけと、
勉強し、働き、戦った時代だった。
そしてその結果、世界の隅にある小国だった日本が、
眠れる獅子・中国を日清戦争で破り、
先進国・ロシアを日露戦争で破り、世界中を驚ろかせた。
そんな古き良き日本が、伊予の国、松山出身の
秋山兄弟(好吉、真之)と正岡子規の3人を通して描かれている。

豊かな現代で、のほほんと暮らしていると、
そんな時代がうらやましくも思える。

色々学ぶことがある歴史小説でもある。

例えば、組織について。
日本がロシアに勝った要因の1つとして、
ロシアが専制国家であり、皇帝ニコライ二世のご機嫌取りが
官僚の仕事となってしまっていたことが挙げられる。
専制国家に限らず、古い歴史のある組織はつねにこの危険がある。

一方、日本の海軍は、明治初期は出身藩で役職が決められていたが、
山本権兵衛が徹底したリストラを断行し、
世界最強と謳われていたバルチック艦隊を撃破するまでの力を持つようになった。

NHKで21世紀スペシャル大河ドラマとして、いつかドラマ化される予定のようです。

坂の上の雲
坂の上の雲
★★★★★
posted by xi at 22:56| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

「これで古典がよくわかる」橋本治

日本の文化を知らない日本人が多い。
外国へ旅行へ行ったときに、日本文化を説明できないこともあるだろう。
自分の生まれ育った国について知ることは、
外国の文化を深く理解することに不可欠なことだし、
誇りを持つこともできる。

日本人は西洋文化を崇高しがちだ。
しかし、西洋人が惚れ込んだ日本文化もある。
イギリス人映画監督のピーター・グリーナウエイは1000年くらい前に日本で書かれた
「枕草子」に感動し、映画をつくった。
また、文学ではないが、浮世絵はドガ、モネ、ゴッホ、ミレーなどの
印象派画家に影響を与えた。

「これで古典がよくわかる」は日本文化の原点ともいえる
日本書紀、源氏物語などの古典を紹介しつつ、
日本語の文章が生まれる歴史を教えてくれる。

古典を読むときに必要なことは
自分も古典を書いた人も同じ人間なんだから、どこかに接点があると思うこと
であるそうだ。
紫式部とも紀貫之とも兼好法師とも共感できる部分を見つけてみよう。
鎌倉時代にもオタク青年がいるくらいだから(鎌倉幕府3代目将軍源実朝)
自分と同じ考え方の人が書いた古典も見つかるだろう。

古典を学ぶ最初の一歩としては、冒頭を暗礁することがいいらしい。
文体を知れ、慣れることができる。
また、友達と百人一首かるた大会を開いて、
競争原理を導入して古典に慣れるのもオススメしている。
意中の異性も誘えば、相手の手を握るチャンスがあるかも。。。

メモ
・ひらがなは、和歌や物語を書くために、漢字の万葉がなをくずして生まれた
・カタカナは、読みにくい漢文を読むための記号として、
 漢字の一部だけを使うことにして生まれた
・平安時代には「目が合う」ということは「セックスをする」ことと同じ
 (まぐわう、目合う)
・漢字しかない中国のインテリは、知的能力をアピールするために
 むずかしい漢字をたくさんい誇大な表現をしがち
・貴族中心の平安時代から武士中心の鎌倉時代になり、
 京都に住む平安貴族が優位に立てるものは「文化」しかなかったため、
 京都の王朝文化が盛んになった
・鎌倉幕府を開いた源頼朝は女好きで、夜這いをして護衛に見つかり「誰だ!」
 と声をかけられても答えなかったために切られたために死んだ
 という説がある(鎌倉幕府の公式見解は落馬による死)
・平安時代の文化が偉いのは、武士以前の天皇中心の時代に戻ろうとした
 明治政府のせい

これで古典がよくわかる
これで古典がよくわかる
posted by xi at 17:29| Comment(0) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

「好きになる人間生物学」吉田邦久

会ったばかりの人と手っ取り早く仲良くなるには病気の話をするといいらしい。
(「パワープレイ」内藤誼人より)
病気に詳しくなるためには人間の生物学的な機能を分かっていないといけないが、
そんなときに簡単に読めて大雑把な知識を気楽に身につけることができる本。

メモ
・DNA鑑定は指紋のように絶対(100%間違いなし)ではない
・美人がもてるのは、顔やプロポーションの美しさは健康の証であり、
 子供が健康になり、生まれた子供も美人になり自分のDNAをちゃんと残してくれるから
・左右の大脳半球をつなぐ脳梁は女性の方が大きく、
 話しているときは男は左脳だけが働いているのに対し、女は左右両方使っている
・錯覚が見えるのは、人間はあるがままのものを見ているのではなく、
 脳が推測したものを見ているため
・寝ているときも、脳のエネルギー消費量は変わらない
・西欧人は子音は左脳(言語脳)、母音は右脳(音楽脳)で処理しているが、
 日本人は子音・母音ともに左脳で処理している
・金縛りは、疲れたときなど眠りに入ったとたんレム睡眠になり、
 かすかに意識はあるが寝ているときに起こる(普通はノンレム睡眠から入る)
・研究によると、活動の効率は夜型より昼型の方がよい
・プリオンは熱やホルマリン処理でも活性を失わない(狂牛病は焼いてもだめ)
・はげを促進する因子にアンドロゲン(男性ホルモン)があり、男性の場合、優勢遺伝する
・アンドロゲンレセプターの違いがはげやすさに関係しており、
 ハゲの人の方がアンドロゲンが多く男性的というわけではない
・ネアンデルタール人は脳容積は現生人類(1400ml)に匹敵するか
 むしろ大きかった(1200-1750ml)が、約3万5千年前に絶滅してしまった
・ミトコンドリアDNAは必ず母親の卵細胞由来であり、
 ミトコンドリアDNAを遡っていくとエチオピア近辺に約20万年前に
 住んでいた1人の女性にゆらいすることが分かった。
 場所も分かるのは、エチオピア近辺のDNAは違いが大きく(古くにDNAができた)
 他の大陸のDNAは違いが小さかった(最近分かれた)から
・温室効果は二酸化炭素やメタン、フロンなどがもっているが、これらは
 太陽の可視光線は透過させるが、地面からの輻射線の赤外線は吸収・反射するため
 空気が温まる

好きになる人間生物学―私たちの身近な問題、身近な疑問
好きになる人間生物学―私たちの身近な問題、身近な疑問
posted by xi at 22:24| Comment(0) | TrackBack(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。