2006年09月02日

ルービックキューブ

とある場所でルービックキューブをもらって最近ハマっている。

小さい頃、家にあったが、一度もそろったところが見たことがなく、
常人ではそろえることができない難しいものだと思っていた。

しかし、Webで調べてやってみたところ、
パターンを覚えれば簡単にそろえられるモノだと知った。

ルービックキューブ6面攻略(Rubiks Cube Room Site)
http://www.synapse.ne.jp/telepathy/rubiks/

2、3日さわっていれば、そろえ方も覚えられる。
3分くらいかかるけど。。。

早い人は20秒程度でできるらしい。
Youtubeにたくさん動画がアップロードされているが、
まさに超人技である。
生き物のように指とキューブが動いている。

posted by xi at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

上流下流判別法

あなたの幸せを感じるときはどんなときですか?
「おいしいものを食べたとき」「家族でいるとき」「仲の良い友達といるとき」
と思った人は上流。
「ひとりでいるとき」「ゆっくり休んでいるとき」
と思った人は下流。
posted by xi at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

ダーツ

ダーツには色んな遊び方があるので、2、3覚えておくと
何時間でも楽しめます。
http://www.higasi-osaka.com/nissin/ru-ru.htm#r00

点数を減らしてちょうど0にしないといけない「ゼロワン(01)」
陣取りゲーム「クリケット」
狙った場所を外すと点数が半分になってしまう「ハーフイット」
とかが一般的なのかな。
posted by xi at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

夏はクーラーで健康的に

暑くて寝苦しい日々が続いているが、
クーラーをつけて寝ているだろうか?

ためしてガッテンの実験によると
クーラーをかけない30℃の部屋も、
クーラーをかけて24℃の部屋も
熟睡度が低い。

つまり、クーラーをかけてなくても、かけすぎても熟睡できないのだ。
おすすめの温度は26℃〜28℃とのこと。

我慢してクーラーかけないで寝ようとしても、
寝つきが悪く、寝不足になって、体調をくずしてしまうこともある。
無理をせず、クーラーを有効活用して、健康的に夏を乗り切りましょう。

ためしてガッテン:過去の放送:だるさ解消!クーラー快眠術@インターネットアーカイブ
http://web.archive.org/web/20040725033053/http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2002q3/20020717.html
posted by xi at 20:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

消費税は逆進税?

逆進税とは累進税の反対語で、貧乏人ほど負担が重くなる税金のことです。
累進課税ではお金持ちから税金をたくさんとり、貧乏人からはあまりとらない。
累進税により富の再配分が加速され公平感があるため、
多くの国民にも支持されています。
所得が多いほど、負担率が大きくなる所得税は累進課税の典型例です。

一般に、消費税は逆進税と言われています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-02-22/2006022202_02_0.html
その論拠は所得が低い人は、所得のうちで消費が占める割合が高く、
所得が高い人は貯蓄したりするから消費は少ないというものです。
が、逆に累進的であると言っている人もいます。
http://d.hatena.ne.jp/roumuya/20051117
生涯賃金を見ると、所得が多い人は消費も多いからという理由です。
どちらにせよ、消費税はお金持ちでも貧乏人でも同じ税率(5%)なので、
所得税に比べると、累進的性質は低いことは間違いありません。

所得の低いサラリーマンにとっては、
所得税の高い税率は節税ができないので不公平感を感じるし、
消費税も累進税ではないので不公平感を感じる。
日本人の多数を占めるサラリーマンに公平感を感じさせるような税制改革をすれ
ば、民主党でも選挙に勝てると思うのですが

posted by xi at 22:14| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

簡単手品テクニック−消えるコイン

ちょっと練習すればできるマジックです。
ネタは単純ですが、うまくやればホントに消えているように見えます。
コインさえあればできるので、飲み屋でも喫茶店でも気軽にできるのもいいところ。

フレンチ・ドロップの動画
http://www.youtube.com/watch?v=BnEmfwTl0Us&search=french%20drop
posted by xi at 21:18| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナンパの神の写真



「ザ・ゲーム」を著者であり主人公のナンパ師、
スタイル(本名ニール・ストラウス)の写真。
美男子ってわけではないですが、雰囲気もってます。
となりがスタイルを本気にさせ、
ナンパを卒業させたリサ。

詳しくは「ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル」を
読めば、この写真の人物、スタイルのナンパのすごさが分かります。
ナンパテクニックももちろん数多く収録されていますが、
物語風になっていて話自体も楽しめます。

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル
ニール・ストラウス 田内 志文
アーティストハウスパブリッシャーズ (2006/05/19)


誰でも一週間でモテる男になれる
口説きの科学&ナンパの理論

ブリトニー・スピアーズ、パリス・ヒルトンが、
口説きオトされてしまった禁断のテクニックが解禁!

アマゾンUK、アマゾンUSAの売上げランキングで上位を走り続け、ニューヨーク・タイムズ誌のベストセラーリストに5週にわたりランクインした、イギリス、アメリカで話題沸騰の究極のナンパバイブルがついに日本上陸!いよいよその全貌が明らかになる。

モテるために必要なのは、
金でも名声でもファッションでもなかった!

理想の女を必ずオトせる、
最高のナンパテクニックの極意を全公開!

posted by xi at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

お花畑 in 鶴見緑地公園

今、花博記念公園鶴見緑地
http://www.ocpa.or.jp/osakapark/hfm_park/01tsurumi/index.html
はバラが満開でとてもきれいです。
rose.jpg

また「赤いサフランでいっぱいのお花畑の向こうにまわる風車」はヨーロッパにいるかのような景色が楽しめます。
windmill.jpg

大阪近郊の方は是非。
posted by xi at 23:08| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

松山・大洲・内子への旅

愛媛県といえばみかん。
電車もみかん色です。
電.jpg
もちろんサッカーチーム「愛媛FC」も、
http://www.ehimefc.com/p/index.html
四国独立リーグの「愛媛マンダリンパイレーツ」も、
http://www.iblj.co.jp/pirates/index.html
チームカラーはみかん色。

道後温泉は2階席でゆっくりするのを楽しみにしていましたが、
満席で温泉に入ってすぐ出なければなりませんでした。
道後.jpg

内子は小さい街で、駅から歩いて観光名所を回れます。
メインは劇場「内子座」。
内子.jpg
和傘や和ろうそくのお店で伝統技術を見ることができます。
溶けたロウに手をつっこんで、
ロウソクをつくる職人は見ものです。
普通の人だったら熱くて手の皮が剥けてしまうのに、
職人は黙々とロウで芯を太くしていっています。

大洲は内子よりは大きな街ですが、
お城や川、庭園など美しい景色が楽しめます。
道後.jpg
posted by xi at 21:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

株でも恋愛でも損切りできる勇気が大切

最近個人投資家がものすごい勢いで増えているようだ。
儲けている人もいれば、ライブドアショックによって大損し、
首も回らなくなってしまった人もいるだろう。

大損する典型的な流れは、
値が下がった株を「今売ると損になってしまうから」
と思って売ることなく保持し、さらに損が膨らんでしまう、
というものである。
つまり、損切りできない人は大損する可能性が高いのだ。

損切りとは、含み損の出ている証券を売却して損失を確定することである。
http://allabout.co.jp/glossary/g_money/w001537.htm

「○%下がったら損切りする」と決めておくのが投資の鉄則と
よく言われ、プロの投資家とアマの投資家の違いは、
損切りができるかの違いである。

損を確定するのは勇気がいる決断である。
しかし、投資に限らず、恋愛でも、仕事でも、人間関係でも
損切りしないと、損が膨らんで大失敗につながることもある。
恋人とズルズル続けていると、泥沼化してしまうかもしれない。

損切りの大切さを日常生活でも頭に片隅に置いておくと、
大失敗を防ぐことができるかもしれません。
posted by xi at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

「数学的思考法―説明力を鍛えるヒント」芳沢光雄

最近、簡単な計算をたくさんすることで脳力が上がる
と脳を鍛えるドリルなどが注目されているが、
本書では、簡単な計算ではなく、証明問題を試行錯誤しながら解くことによって
数学的思考力が養われると説かれている。

脳を活性化させることと数学的思考法を身につけることは背反するものではないが。

暗記をすればセンター試験で高得点を取ることができる。
しかし単に暗記しただけでは、すぐ忘れてしまう。
「分数ができない大学生」が出てくるのはそのせいだ。
また、暗記だけでは社会ではそれでは通じないことが多い。
売れる商品を考え出すためには、
また、お客を納得させる営業トークをするためには、
論理的で戦略的な思考、つまり、数学的思考力が必要である。

本書には「数学的思考法」のヒント、
「論理的な説明」の鍵、が書かれている。

数学的思考法
数学的思考法


脳を鍛える大人の計算ドリル
脳を鍛える大人の計算ドリル
posted by xi at 23:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蘇我馬子 - 日本を文明国家に発展させた日本最古の改革者

日本最初の寺院「飛鳥寺」は、蘇我馬子が609年に建立したと言われる。

その当時、日本は中国、朝鮮から倭国と呼ばれていた。
「倭」は元々は「小さい」という意味で辺境の蛮族に対する蔑称である。
つまり、外国から見たら野蛮な文明のない国であった。

蘇我馬子は、当時の先進国である中国・朝鮮を真似て仏教を導入することで、
日本を先進国にさせようとした。

そのシンボルが「飛鳥寺」である。

飛鳥寺などの寺院の建立を通して建築技術が発展し、
また、お経を通して文字が広められた。

それまでの日本の宗教は神道であり、仏教の導入は容易ではなかった。
しかし、抵抗勢力である排仏派の物部守屋を破り、
厩戸皇子(聖徳太子)とともに仏教を広めた。

明治維新により西洋文明を取り入れ先進国に追いついたように、
蘇我馬子の改革によって日本は文明国になったとも言える。

彼がいなかったら、今の日本はなかったかもしれない。

天皇を暗殺するなど横暴な豪族として知られる蘇我氏だが、
最近、最近馬子の功績が見直されてきているらしい。

「その時歴史が動いた」のメモ
第242回 古代の文明開化
〜1号寺院・飛鳥寺建立の戦略〜
平成18年1月18日(水)21:15〜21:58 NHK総合
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/
posted by xi at 22:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

論文のカバーレターのサンプル

論文を書くときにカバーレター(cover letter)を書かされることがあります。
いらないときもありますが、
カバーレターをがんばって書くと、
アクセプトされる可能性がちょっと高くなるかもしれません。

中国語ですが、なんとなく分かると思います。例がたくさん載っています。
http://go.bioon.com/bioweb/culture/culture1/200508/44.html

日本語での例。
http://www.oct.zaq.ne.jp/afdnj407/coverletter.htm

参考になる本。
日本人研究者が間違えやすい英語科学論文の正しい書き方―アクセプトされるための論文の執筆から投稿・採択までの大切な実践ポイント
日本人研究者が間違えやすい
英語科学論文の正しい書き方
アクセプトされるための論文の執筆から投稿・採択までの大切な実践ポイント

posted by xi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

人間の欲求とインド旅行

アメリカの心理学者マズロー(1908〜1970年A.H.Maslow)は、
人間の欲求を5つの階層に分けた。

第1段階.生理的欲求(食欲、睡眠欲)
第2段階.安全の欲求
第3段階.親和の欲求(他者とのコミュニケーション)
第4段階.自我の欲求(他人から認められたい)
第5段階.自己実現の欲求(自己の成長)

低い段階ほど強い欲求で、
低い段階の欲求が満たされるにしたがって、高い段階の欲求を感じるようになるという。

インドへ旅行に行った時、お金を持っている旅行者からボッたくろうと
多くのインド人がよってきた。
彼らの生活は貧しく、低い段階の欲求が満たされていないため、
他人から認められたいという欲求はなく、
生理的欲求、安全の欲求を満たすため、他人をだましてでもお金を儲けようとする、
ということだろうか。
posted by xi at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

別れるタイミング

接待で、パーティーで、合コンで、デートで、
相手にもう一度会いたいと思わせるには、
話が盛り上がっているときに別れるのがよい。

相手にはもっと話したい欲求が残るため、
次の誘いに応じる確率が高くなる。

話が一段落したときの方が別れを切り出しやすいが、
次につなげたい場合には是非。

「人たらし」のブラック心理術―初対面で100%好感を持たせる方法
「人たらし」のブラック心理術―初対面で100%好感を持たせる方法
posted by xi at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

アイデア降臨術:物理学者のリハビリ日記より

10月24日
どうも出張中に、研究する頭をどこかにおいてきてしまったらしい。普段、歩いていても電車にのっていても寝ていても、しょうもないことから意味あることまで、漠々としたことから技術的なことまで、ひっきりなしに頭におりてくる。
こんな状態では、まともな研究はできないだろうな、、。って、まずいやん。一過性のものだと思いたいが、これが持続したら研究者としてはおわりだろうな。
東大総合文化研究科 助教授 佐々真一
http://d.hatena.ne.jp/sasa3341/20051024

研究者ってこういうものなんですね。
何をしていてもアイデアが次から次におりてくる。
佐々さんのリハビリ記録から、普通のサラリーマンにとっても
アイデア発想のヒントが分かるかも。

10月26日
脳みその感じを思い出してきた。色々な問題が未整理のまま、ノイズのようにふわふわしていないといけない。
http://d.hatena.ne.jp/sasa3341/20051026

整頓されきった部屋では新しいものは生まれない。
ちらかった様々なものが色々な方向からぶつかり合うことによって
新たなつながりが見えて、新たなアイデアになる。

10月27日
脳みそに少したまったごみをあえて言葉で整理しようとする。当然、なにか意味のあることにはならないが、少し案らしきものがボツボツ生まれてきた。この段階で議論をしてもらう。ごみがわいてきた。
http://d.hatena.ne.jp/sasa3341/20051027

ごみってアイデアの卵みたいなもの。
アイデアの卵は一瞬だめだと思っても頭のすみにころがしておく。
そうすると、何かのきっかけで、ごみが価値のあるものに成長する。
ごみを残しておくのは結構難しい。
普通はすぐに忘れて永久に戻ってこない。
佐々さんは議論をすることでごみを増殖させた。
何気ないことでも人と話すといいかも。

一度ごみが増殖されると、
ねずみ講式に増えていくような気がする。
早く自分のその臨界点を超えなければ。
posted by xi at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

日本とアメリカのIT企業の違い:ソフトバンク、楽天、ライブドアとGoogle、Amazon、Apple

日本のネットベンチャーが技術革新よりも 「ネット財閥」 をめざす理由
http://mojix.org/2005/10/30/233716
を読んで、悲しくなりました。

日本のIT企業の代表選手、ソフトバンク、楽天、ライブドア、
彼らはテクノロジーに興味がなく、合併を繰り返し会社を大きくしている。

一方、アメリカを見ると、Google、Amazon、Apple、
彼らは新しい技術を世に出し、会社を大きくしている。

この対比を見ると、アメリカは成長しているが、
日本は成長していない。
単にくっつけたり、はなしたりしているだけである。

放送とネットの融合が話題になっているが、
ネット企業はコンテンツがないからTV局を買収するとよく言われる。
はたしてそうだろうか?
ネットには膨大な情報がころがっている。
TVが毎日配信する情報量とは比べ物にならないくらい。
GoogleやAmazonはコンテンツを持っている。
ランクの付与されたインデックスや大量の本情報。
技術があるからネットにころがっている情報から
コンテンツを作り上げることができているのだ。

日本は技術力があると言われている。
車も電気製品も壊れにくく、評判が高い。
しかし、Web2.0の世界では、
この意味での技術力は意味をなさないように思える。
製品を大量生産する必要はない。
サービスを提供するだけである。
しかも、初めてそのサービスを行った会社に圧倒的に有利な
一人勝ちが起こる世界である。
車も電気製品も起源は日本ではない。
日本はWeb2.0の世界でこのままアメリカにのまれてしまうのだろうか。

googleのように一流研究者を高給で雇う
技術を大切にするIT企業が日本で出てくることを、
そして、日本人は真似はうまいけど創造性がない
と言われないようになる日がくることを、
期待したい。

mojixさん曰く

短期的なお金儲けをするためにIT企業に投資をするのではなく、
技術を生み出している会社に、より社会のためになると思える会社に投資する。
そうすることによって、長期的には日本の発展、世界の発展につながり、
大きなリターンが返ってくるはずだ。

投資をするほどお金を持っていないが、
機会があれば、この言葉を忘れずに、投資先を選びたい。
posted by xi at 22:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

占い師が使う話テクニック

誰にでも当てはまることで言われて嬉しいことを言う
「自分の幸せより他人の幸せを大切にする人だよね」
当たってたら自分のことを分かってくれる人と思われる。
はずれても褒めてるので相手は言われて悪い気はしない。

見えるイメージと逆のことを言う
お高くとまってる人に「気さくで話やすいよね」
一人で何でもできそうな人に「さみしがりやっぽいね」
見えるイメージは色んな人に言われているから、人と違うことが言える。
しかも、人は誰でも逆の一面を持っているから、当たりやすい。

合コンや恋人に使えます。

史上最強の恋愛ドリルより
posted by xi at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

「あれかこれか」キルケゴール

合コンかデートか

その場限りの楽しさを求めるのではなく「美的実存」
その選択がもたらす将来の効用までを考え「倫理的実存」
デートを選んだ

日常生活でわれわれは,つねにさまざまな選択に直面しており,そこではどちら
かでしかありえないにもかかわらず,どちらにしても後悔することにしかならない
http://learning.xrea.jp/%A4%A2%A4%EC%A4%AB%A4%B3%A4%EC%A4%AB.html
posted by xi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。