2005年11月03日

アイデア降臨術:物理学者のリハビリ日記より

10月24日
どうも出張中に、研究する頭をどこかにおいてきてしまったらしい。普段、歩いていても電車にのっていても寝ていても、しょうもないことから意味あることまで、漠々としたことから技術的なことまで、ひっきりなしに頭におりてくる。
こんな状態では、まともな研究はできないだろうな、、。って、まずいやん。一過性のものだと思いたいが、これが持続したら研究者としてはおわりだろうな。
東大総合文化研究科 助教授 佐々真一
http://d.hatena.ne.jp/sasa3341/20051024

研究者ってこういうものなんですね。
何をしていてもアイデアが次から次におりてくる。
佐々さんのリハビリ記録から、普通のサラリーマンにとっても
アイデア発想のヒントが分かるかも。

10月26日
脳みその感じを思い出してきた。色々な問題が未整理のまま、ノイズのようにふわふわしていないといけない。
http://d.hatena.ne.jp/sasa3341/20051026

整頓されきった部屋では新しいものは生まれない。
ちらかった様々なものが色々な方向からぶつかり合うことによって
新たなつながりが見えて、新たなアイデアになる。

10月27日
脳みそに少したまったごみをあえて言葉で整理しようとする。当然、なにか意味のあることにはならないが、少し案らしきものがボツボツ生まれてきた。この段階で議論をしてもらう。ごみがわいてきた。
http://d.hatena.ne.jp/sasa3341/20051027

ごみってアイデアの卵みたいなもの。
アイデアの卵は一瞬だめだと思っても頭のすみにころがしておく。
そうすると、何かのきっかけで、ごみが価値のあるものに成長する。
ごみを残しておくのは結構難しい。
普通はすぐに忘れて永久に戻ってこない。
佐々さんは議論をすることでごみを増殖させた。
何気ないことでも人と話すといいかも。

一度ごみが増殖されると、
ねずみ講式に増えていくような気がする。
早く自分のその臨界点を超えなければ。


posted by xi at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8918201
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。