2005年11月01日

日本とアメリカのIT企業の違い:ソフトバンク、楽天、ライブドアとGoogle、Amazon、Apple

日本のネットベンチャーが技術革新よりも 「ネット財閥」 をめざす理由
http://mojix.org/2005/10/30/233716
を読んで、悲しくなりました。

日本のIT企業の代表選手、ソフトバンク、楽天、ライブドア、
彼らはテクノロジーに興味がなく、合併を繰り返し会社を大きくしている。

一方、アメリカを見ると、Google、Amazon、Apple、
彼らは新しい技術を世に出し、会社を大きくしている。

この対比を見ると、アメリカは成長しているが、
日本は成長していない。
単にくっつけたり、はなしたりしているだけである。

放送とネットの融合が話題になっているが、
ネット企業はコンテンツがないからTV局を買収するとよく言われる。
はたしてそうだろうか?
ネットには膨大な情報がころがっている。
TVが毎日配信する情報量とは比べ物にならないくらい。
GoogleやAmazonはコンテンツを持っている。
ランクの付与されたインデックスや大量の本情報。
技術があるからネットにころがっている情報から
コンテンツを作り上げることができているのだ。

日本は技術力があると言われている。
車も電気製品も壊れにくく、評判が高い。
しかし、Web2.0の世界では、
この意味での技術力は意味をなさないように思える。
製品を大量生産する必要はない。
サービスを提供するだけである。
しかも、初めてそのサービスを行った会社に圧倒的に有利な
一人勝ちが起こる世界である。
車も電気製品も起源は日本ではない。
日本はWeb2.0の世界でこのままアメリカにのまれてしまうのだろうか。

googleのように一流研究者を高給で雇う
技術を大切にするIT企業が日本で出てくることを、
そして、日本人は真似はうまいけど創造性がない
と言われないようになる日がくることを、
期待したい。

mojixさん曰く

短期的なお金儲けをするためにIT企業に投資をするのではなく、
技術を生み出している会社に、より社会のためになると思える会社に投資する。
そうすることによって、長期的には日本の発展、世界の発展につながり、
大きなリターンが返ってくるはずだ。

投資をするほどお金を持っていないが、
機会があれば、この言葉を忘れずに、投資先を選びたい。


posted by xi at 22:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
私も同じこと考えていたのでこの考え方に共感しました。楽天にしろライブドアにしろほとんどがアメリカの技術の後追いで自分たちでは何も新しい技術を生み出していないと考えます。野球なんかに投資するなら研究開発に投資して未来の日本を支える技術を創造してほしいものです。
Posted by mori at 2005年11月03日 10:31
そうですね。
投資はできなくても
「gooラボ」とか「はてな」とか(?)
技術に力を入れているような日本発のサービスを
たくさん使うことで
少しでも成長の力になりたいと思います。
Posted by xi at 2005年11月03日 13:27
Posted by at 2006年02月08日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8858463
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。