2005年10月25日

「人間失格」太宰治

教養になる昔の有名な文学作品でも読んでみようと思い
たまたま本屋に平積みになっていて目に付いた「人間失格」を買った。
こんな昔の小説を読むのは高校時代に読書感想文を書かされたために読んだ
夏目漱石の「こころ」以来だった。
読み始めは慣れない言葉、書き方のため少々読みにくかったが、
1度読み進めると最後まで一気に読んでしまった。

自分の幸福の観念と、世の全ての人たちの幸福の観念とが、
まるで食い違っているような不安、自分はその不安のために夜々、
輾転し、呻吟し、発狂しかけたことさえあります

葉蔵は幼い頃から「道化者」として振舞った。
他人を恐れ自分の闇の部分を隠すため、明るく皆を笑わせた。

まわりもこの「道化者」はいるんだろうか?
自分は、自分の暗い部分を隠すため、自分をよく見せるために
ヌイグルミを着て人と接している。
誰だって他人の心は分からないものだし、
少なからず道化者を演じているはずだ。
より意識的か、無意識的かの違いはあれ。
意識的な道化者探しをしてみるのも面白いかも。
葉蔵のように見破られるのを恐れているかもしれない。

誰にも訴えない、自分の孤独の匂いが、多くの女性に、
本能によって嗅ぎ当てられ、後年さまざま、自分がつけこまれる
誘因の一つになったような気もするのです

女性をひきつけるために、お茶目でありながら孤独でミステリアスな部分を持つこと。

「人間失格」は太宰治の自伝であり遺書であった。
作品完成の1ヶ月後、彼は自らの命を絶つ


人間失格
人間失格
新品270円、ユーズド1円から


posted by xi at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8555284
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。