2005年08月13日

考える脳 考えるコンピュータ、ジェフ・ホーキンス、サンドラ・ブレイクスリー

考えるコンピュータであるかどうかを調べる有名な方法として「チューリングテスト」がある。チューリングテストとは、チャットをしている相手がコンピュータか人間か当ててもらい、人間と区別できなかったら、それは考えるコンピュータとする方法である。このチューリングテストでは行動によって知能を持っているか判別する。しかし、筆者はこの行動によって知能の有無を判別することは間違いだと指摘する。人間は
暗闇で横になっているだけでも、思案と推理をめぐらすことで知能は発揮できる
。知能について知るためには、行動ではなく、頭の中の働きを重視すべきであり、特に新皮質の仕組みを知ることが、知能を持った機械をつくることにつながると考えている。

筆者が注目する新皮質の特徴は、ヴァーノン・マウントキャッスルが指摘した、新皮質の見た目と構造が極めて均質であるとこうことである。そしてその結果
新皮質が実行するあらゆる処理には同一の計算手段が使われている
という仮説が提示された。視覚、聴覚、触覚は全て異なる感覚であるが、脳に入って活動電位に変わると、全て同じ、単なる時間的、空間的なパターンである。耳から入った情報であろうが、目から入った情報であろうが、同じように処理される。こう考えると、現在、音声認識、画像認識など様々なパターン認識、人工知能の手法が提案されているが、統一的に扱う手法が存在するはずである。脳はそのように処理しているのだから。

人間は0.5秒以内で写真のなかの猫を判別することができる。0.5秒では脳に入った情報は100個の細胞を通過するだけらしい。しかし100個の細胞を通過するだけで知的な活動を人間は行っている。これは「100ステップの法則」と呼ばれるものであるが、どうしてこのようなことが可能なのだろうか?その答えは
脳が問題の答えを「計算」するのではなく、記憶の中から引き出してくるから
らしい。

人間の脳は蓄積した記憶を使って、見たり、聞いたり、触れたりするものすべてを絶えず予測しているのだ。わたしが部屋の中を眺めるとき、脳はいつも記憶を使い、何を見るはずであるかの予測を、実際に見る前にたてている。
こうした予測が人間の思考であり、感覚の入力と結びついたときは認識となる。脳の知能のこのような定義を、わたしは「記憶による予測の枠組み」と呼ぶことにする


著者はPalmの生みの親。

考える脳 考えるコンピューター
考える脳 考えるコンピューター


posted by xi at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(1) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ネットアイドルの性態
Excerpt: あの人気ネットアイドル「ま○18歳」がついに脱いだ!元カレがま○の全てを暴露。またハメ撮り動画も公開!
Weblog: 別冊ネットアイドル
Tracked: 2005-08-15 13:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。