2005年03月15日

2001年宇宙の旅

SF界の巨匠アーサー・C・クラーク原作の映画。
時計じかけのオレンジを見て、
スタンリー・キューブリックの他の作品も見てみたいと思ってかりた。

かなり昔にもかりたことがあったけど、
その時は原始時代の意味不明なシーンで眠くなって、最後まで見ていなかった。
今回は眠くはならなかったけど、内容がさっぱり理解できない。
あの黒い物体は何なのか???
エンディングは何がどうなったのか???
神様なのかな???

小説を読むと理解できるとamazonのレビューにあったから、
今度小説で読んでみよう。
SFはやっぱり小説の方がおもしろい。
オタク的な科学知識がちりばめられているし、
哲学的な問題にも立ち止まって考えることができる。

アクションを前面に出したSF映画はそれはそれで好きだけど。

ちなみに宇宙船の頭脳「HAL」は「IBM」の一文字前にずらしたものと
言われることがあるけど、事実はそうではないらしい。
IBMは人工知能と関わり合いをもつことを嫌っていたので、HALのような殺人マシンに名前が関係することを許すはずがない
ロボットにつけるクスリ、星野力

2001年宇宙の旅
2001年宇宙の旅


posted by xi at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


Excerpt: ''2001: A Space Odyssey'')は、スタンリー・キューブリックとアーサー・C・クラークがアイデアを出し小説版としてまとめ、スタンリー・キューブリックが監督・脚本し、1968年4月..
Weblog: SFフリーク集合!
Tracked: 2007-07-25 07:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。