2005年02月09日

gooキーワードアシスト:検索の修正候補、追加候補を表示

検索語の修正候補、追加候補を出してくれる
gooキーワードアシスト
http://search.goo.ne.jp/gka/
がベータ版ですがサービス開始されました。

修正候補っていうのは、「中村俊介」と入力してスペースを押すと
修正するなら・・・
中村俊輔
というようなのが表示されます。
中村俊輔の修正候補としても中村俊介がでます。
ちなみに、俊輔はサッカー選手で、俊介は俳優で、
二人とも有名人ですから、このようになるんですね。

追加候補というのは、「サッカー」と入力してスペースを押すと
付け加えるなら・・・
サッカー 日本代表
サッカー 北朝鮮
サッカー チケット
というようなのが表示されます。
これは、過去2週間の検索ログで多く検索された組み合わせから選んできているため、
北朝鮮とか入るんですね。
今のその語に関する最近の話題みたいなのも分かったり、
違う使い方もできそう。

また、「郷ひろみ」と入力すると、
付け加えるなら・・・
郷ひろみ 訴訟
郷ひろみ 裁判
郷ひろみ パチンコ
郷ひろみ CD
となって、
郷ひろみが裁判やってることも、パチンコ台になってることも
知らなかった私には、新しい発見もできます。

どんな検索語を追加すれば自分の欲しい情報が取れるかっていうのは、
インターネット初心者にはよく分からないだろうし、
ある程度ネットをやっている人でも、
名前がはっきり分からなかったり、あいまいなものを検索しようとすると、
いろんな単語を組み合わせて何度も試したりすることはあるから、
こういう技術ってのは重要ですね。

今のところ、
よく検索されている単語じゃないと候補が表示されないですけど、
正式リリースになったら、もう少しよくなるんですかね。
でも多くの単語に対応しようと思うと、
単純には候補を見つけるのに時間がかかってしまうから、
どんな単語でも短時間で候補を出せるか、gooの技術力の見せ所ですね。

gooキーワードアシストに似たのに
google suggest
http://www.google.com/webhp?complete=1&hl=en
があります。
これは英語ですが、文字を入力するたびに、自動補間と追加候補の表示をしてくれます。
この技術はどうやってるかは分からないですが、
gooと同じく、検索のログを使っていそうですね。

google suggestはgoogle labsのなかにあるけど、
gooキーワードアシストはgooラボのなかにはなくて、
なぜか別のくくりの、ベータ版サービス
http://guide.search.goo.ne.jp/beta/
のなかにあります。
ベータ版っていうのは、正式版ではなく開発途中だけど、
デバックやテストとしてユーザに使ってもらう版。
gooラボも同じような意味合いで作られたと思ってたのに、
この違いは何だろう?
gooラボに入れた方が分かりやすいような気がする。


posted by xi at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。