2006年04月17日

キーボードのCapsとCtrlを入れ替える

Windowsの場合

レジストリを変更することで実現できますが、
フリーソフトで簡単にできます。

非常駐型の Change Key
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/keyboard/changekey.html
がよさそうです。
簡単にCapsとCtrlを交換できました。

同じく窓の杜にある AltIME
は高機能そうですが、CapsとCtrlを変えるだけだったら、冗長な感じです。
キーロックしてしまった場合は、Alt+ScrollLockで解除できます。

Linuxの場合は
http://www.c.csce.kyushu-u.ac.jp/kb/wiki/index.php?CTRL%A4%C8CAPS%A4%CE%C2%D8%A4%A8%CA%FD
に書いてあります。

1. /etc/X11/XF86Config (もしくは,/etc/X11/{XF86Config-4|xorg.conf})
をエディタで開きます.

2. 以下のようなセクションを探します.

Section "Input Device"
Identifier "Keyboard0"
Driver "Keyboard"
XkbLayout "jp"
XkbModel "jp106"
EndSection

3. セクション内に,以下の例で示す行を追加します.

Section "Input Device"
Identifier "Keyboard0"
Driver "Keyboard"
XkbLayout "jp"
XkbModel "jp106"
XkbOptions "ctrl:swapcaps" # ←この行
EndSection


posted by xi at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。