2005年01月18日

基本的な多変量解析、データマイニング、機械学習の手法がサラっと分かる!

図解入門 よくわかる多変量解析の基本と仕組み―巨大データベースの分析手法入門 、山口和範、高橋 淳一、竹内光悦、秀和システム

インターネットなどから誰でも簡単に大量の情報をできる時代。検索エンジン、メールソフト、ゲームなどなどいろんな所で使われている多変量解析の基礎技術が、簡単に絵をまじえて紹介されている本です。

大学の一般教養で習うような統計学からはじまり、回帰分析、主成分分析、クラスター分析など多変量解析の基本がサッと勉強できます。その後には、データマイニング・人工知能技術であるアソシエーションルールや決定木、さらにはニューラルネットワークや記憶ベース推論、最近はやりのSVMまで書かれてます。

この本で幅広い手法の知識をえた後、自分が使えそうな手法を選んで専門的な本で詳しく勉強するとよいと思います。


posted by xi at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。