2005年01月12日

トロイ

ホメロスの「イリアス」で伝えられきたトロイ戦争。長くフィクションと考えられてきたが、シュリーマンが1873年にトルコの西海岸でトロイ遺跡を発見し、史実と判明した。紀元前1200年あたりに起こったとされている。映画を見終わっての感想は、トロイの第二王子パリス(オーランド・ブルーム)むかつく。スパルタの王の妻を奪ってギリシャに攻められる口実をつくり、スパルタ王との決闘では殺されそうになり逃げ、アキレスを殺し、トロイはギリシャに落とされたのに自分は絶世の美女とともに生き延びたって・・・。アキレスとヘクトルっていうヒーローがいるからこんな役も必要だとは思うけど、イヤな奴はギリシャ王兄弟だけでいいのに。歴史的物語イリアスに文句いってもしょうがないか(原作のイリアスでもこんな風に描かれてたのかな?)。

トロイ 特別版 TROY


posted by xi at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1562322
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。