2004年12月29日

ハウルの動く城

話のつながりがよく分からないところがたくさんあって、見終わった直後はそのことが気になってしかたがなかったです。普通に楽しく見れましたけどね。「魔女の宅急便」とか昔の宮崎駿映画の感じがしました。前作「千と千尋の神隠し」は見るからに奥が深くて「千と千尋の神隠し」とアニミズムに関する考察とかなされちゃうくらいだったけど。

見終わった後、駅を歩いていたらハウルの動く城のポスターがあって「今おばあちゃんが元気!」とかいうキャッチコピーでした。そういう映画なんだ!ってポスター見て初めて気がつきました。今は女子高生がもてはやされて(そんな時代はもう終わった?)、特に女性は年をとることを相当嫌ってますからね。そんな時代に「おばあちゃんになっても素敵に生きられるよ」っていう宮崎駿のメッセージがあったんですね。



posted by xi at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。