2004年12月23日

眠りについて

寝つきが悪いことがよくある。何とかならないかと遮音カーテン、アロマテラピーを買ってみたが何にも改善しない。本屋でその関係の本をパラパラ立ち読みしてみると、朝にパッと起きることが大切だと、いくつかの本に書いてあった。眠る前の環境を整えることが大事と思っていたけど、目覚めが大切だとは。二度寝は厳禁らしい。二度寝ほど至福のひとときはないのに。。。で試してみると、朝パッと起きると寝付きもよくなった。効果アリです。朝からかなり強い意志をもって起きないといけないのがツライけど。そのうち習慣になるといいなぁ。あと、牛乳もイイっぽい。牛乳には、トリプトファンというアミノ酸が含まれているのだけど、このトリプトファンは睡眠を誘発する神経ホルモンのメラトニンの材料になるらしい。こんな科学的根拠を聞かされると効き目がある気がする。「病は気から」です。



posted by xi at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。