2006年09月01日

「アイランド」

ユアン・マクレガー主演のSF映画。

設定が現実的ではないところがいくつかある(SFだとしても)。
まず、あれだけ大規模な普通の会社で、
社会的に受け入れがたい技術および製品を開発しているのに、
秘密にできていること。
次に、主人公が追手から逃れ続けるのだが、
超高層ビルから落ちても生きていたり、
ありえないほどの強運のおかげとしか言えない。
あと、クローンの記憶の中に、本物の記憶が混ざること。
科学的な説明があればいいけど、超常現象としか思えない。

見ごたえのあるSFは、
現在ではありえないけど、
理論的にはもっともらしい世界という
ギャップが感じられる作品である。

その点では?だが、
途中までの世界の表現方法はすばらしい。
クローンが製造されている工場が舞台と気づかず、
主人公とともに、世界の真実をつきつけられたときはおどろいた。

アイランド
アイランド
posted with amazlet on 06.09.01
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/11/25)
おすすめ度の平均: 3.7
4 考えてみると残酷な設定です!
3 映像美はハリウッドならではの豪華さ。しかし、脚本の練り具合は不十分。
5 相変わらず悪役だけど・・・。

posted by xi at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。