2006年01月29日

「コメント力」齋藤孝

コメント力は日常生活の至る所で求められる。

鋭いコメントができれば、
有能な人と思われるし、人が寄ってくるし、異性にもてるようになる。
就職活動でも役に立つだろう。

この本には、「コメント力」トレーニング集として、
有名人などのコメントが場面毎にクイズ形式で載せられ、解説されている。
例えば、人をなぐさめるとき、として
「なまじ目鼻がついているんで苦労している女いくらでもある」

という、落語のなかの、のっぺらぼうの女性に対する言葉が書かれている。
また、バカボンのパパや「エースをねらえ」の宗方コーチの言葉なども挙げられていて、
とっつきやすく、漫画を普通と違う視点で見ているところがおもしろい。

コメント力を上げる一番の方法は、
何に対してもコメントするように心がけることである。
ニュースや映画、料理に、ありきたりではないコメントをする。
「おもしろかった」や「おいしい」では聞いている方はつまらない。
コメントを聞いた人に、影響をあたえるものであると心に残る。
例えば、その料理を食べてみたいと思わせたり、新たな視点を与えたり、
楽しい気分にさせたり。

齋藤孝氏は二十歳まではクラシックを聴いても良さが分からなかったが、
評論家の吉田秀和の本を読んでから、聴こえていなかった音が聴こえてきて、
理解できるようになったらしい。
吉田秀和の言葉によって、感性が研ぎ澄まされたのだ。
そんなコメントができるようになりたい。

コメント力を上げるためのテクニック
・比較して違いを言う(同じ監督の違う映画と比較する)
・どこにエネルギーを一番注がれているかに注目する(注力されてい所のコメントは本質を理解していないと思われる)
・具体的な引用をする(映画の1シーンを合せて話すと説得力が増す)
・話を聞きながら、映画を見ながらコメントを考えておく(しっかり観察するようになるし、ありきたりのコメントを捨てる時間ができる)
・動物に例える(あれは虎のようだ)
・AそれでいながらBだ(失敗したものをほめるとき)
・予想していたよりずっと○○だった(ほめるとき)
・似ていると指摘する(何がどう似ているのかを明確にすることで、ものを見る視点がクリアになる)
・コメントする対象が自分だったらを考えコメントする(謙虚になれる)
・まずはこの○○という作品にめぐり逢えたことをなにより感謝したいと思います(自分の作品に対して)
・擬人化する(この味は何かいきり立っていますね)
・断言する(コメントは話の起爆剤になるべきもの、曖昧だと話がとぎれる)
・得意分野で比喩する(阪神ファンだったら、2アウト満塁で井川が押し出しのファアボールやったときのような辛さだね)
・学問的な体系を身につけて、すべてその体系で説明する(精神分析学など)

コメント力
コメント力
posted by xi at 00:18| Comment(0) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

googleやyahooのロボットにページを収集されやすくする方法

ページのキーワードをタグ
<META name="keywords" content="キーワード">
で入れる
posted by xi at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

「数学的思考法―説明力を鍛えるヒント」芳沢光雄

最近、簡単な計算をたくさんすることで脳力が上がる
と脳を鍛えるドリルなどが注目されているが、
本書では、簡単な計算ではなく、証明問題を試行錯誤しながら解くことによって
数学的思考力が養われると説かれている。

脳を活性化させることと数学的思考法を身につけることは背反するものではないが。

暗記をすればセンター試験で高得点を取ることができる。
しかし単に暗記しただけでは、すぐ忘れてしまう。
「分数ができない大学生」が出てくるのはそのせいだ。
また、暗記だけでは社会ではそれでは通じないことが多い。
売れる商品を考え出すためには、
また、お客を納得させる営業トークをするためには、
論理的で戦略的な思考、つまり、数学的思考力が必要である。

本書には「数学的思考法」のヒント、
「論理的な説明」の鍵、が書かれている。

数学的思考法
数学的思考法


脳を鍛える大人の計算ドリル
脳を鍛える大人の計算ドリル
posted by xi at 23:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蘇我馬子 - 日本を文明国家に発展させた日本最古の改革者

日本最初の寺院「飛鳥寺」は、蘇我馬子が609年に建立したと言われる。

その当時、日本は中国、朝鮮から倭国と呼ばれていた。
「倭」は元々は「小さい」という意味で辺境の蛮族に対する蔑称である。
つまり、外国から見たら野蛮な文明のない国であった。

蘇我馬子は、当時の先進国である中国・朝鮮を真似て仏教を導入することで、
日本を先進国にさせようとした。

そのシンボルが「飛鳥寺」である。

飛鳥寺などの寺院の建立を通して建築技術が発展し、
また、お経を通して文字が広められた。

それまでの日本の宗教は神道であり、仏教の導入は容易ではなかった。
しかし、抵抗勢力である排仏派の物部守屋を破り、
厩戸皇子(聖徳太子)とともに仏教を広めた。

明治維新により西洋文明を取り入れ先進国に追いついたように、
蘇我馬子の改革によって日本は文明国になったとも言える。

彼がいなかったら、今の日本はなかったかもしれない。

天皇を暗殺するなど横暴な豪族として知られる蘇我氏だが、
最近、最近馬子の功績が見直されてきているらしい。

「その時歴史が動いた」のメモ
第242回 古代の文明開化
〜1号寺院・飛鳥寺建立の戦略〜
平成18年1月18日(水)21:15〜21:58 NHK総合
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/
posted by xi at 22:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

論文のカバーレターのサンプル

論文を書くときにカバーレター(cover letter)を書かされることがあります。
いらないときもありますが、
カバーレターをがんばって書くと、
アクセプトされる可能性がちょっと高くなるかもしれません。

中国語ですが、なんとなく分かると思います。例がたくさん載っています。
http://go.bioon.com/bioweb/culture/culture1/200508/44.html

日本語での例。
http://www.oct.zaq.ne.jp/afdnj407/coverletter.htm

参考になる本。
日本人研究者が間違えやすい英語科学論文の正しい書き方―アクセプトされるための論文の執筆から投稿・採択までの大切な実践ポイント
日本人研究者が間違えやすい
英語科学論文の正しい書き方
アクセプトされるための論文の執筆から投稿・採択までの大切な実践ポイント

posted by xi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

ipod以外でpodcast受信

ブログの音声版「ポッドキャスティング」。
名前の由来はipodにあるのだが
(参考:ポッドキャスティング - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0
ipodでなくてもpodcastはできます。

私はiriverのN10を持っているので、
というわけで、N10でポットキャスティングしているコンテンツを聞く方法のメモ

1.ポッドキャスティングを受信するソフトをダウンロード

「PodcastJuke」(ポッドキャストジューク):@nifty
http://www.podcastjuice.jp/podcastjuke/
を使いました。

2.ポッドキャストしているサイトを登録

PodcastJukeにドラック&ドロップで簡単に登録できます。

PODCAST navi ポッドキャストナビ
http://www.podcastnavi.com/
などでポッドキャストしているサイトを見つけました。

3.ダウンロードファイルの保存先からMP3プレイヤーに転送

iriver製品の場合、iriver Music Managerでもできますし、
windows media playerで同期させることもできます。
gigabeat、Creative製品でも同期させることができるようです。
posted by xi at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

受験のときに食べると良いもの

ごはん、パン、そばなど。

炭水化物がいい。

脳内の神経細胞がシナプスを形成することによって、頭がよくなる(知識が蓄えられる)。
そのシナプス形成に必要となる養分がグルコース(ブドウ糖)。
グルコースは炭水化物が分解されたものである。

この炭水化物こそが脳の唯一無二の栄養なのです。
ですから、受験の時には、カツを食べるよりも、ごはんとかおソバを食べるほうがいい。

海馬
海馬の中に書かれている
脳研究者の池谷裕二博士の言葉より

最近の受験生に人気なのはNestleのKitKat(キットカット)。
「きっと勝つと」という九州の方言から縁起のよいお守りになっているらしいのですが、
砂糖も炭水化物だから、脳的にも良さそうです。
posted by xi at 22:40| Comment(1) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。