2005年12月07日

交換可能性と独立同一分布

exchangeablityとindependent and identically distributed (iid)

交換可能である(exchangeable)とは、
確率変数x{1},...,x{n}の同時分布が
変数を交換しても変わらないこと、
つまり、
p(x{1},...,x{n})=p(x{i1},...,x{in})
であることである。
ここで、i1,...,inは1からnの全順列を表す。

iid(独立)であれば
p(x{1},...,x{n})=p(x{1})*...*p(x{n})
となるので、exchangeableである。

しかし、exchangeableだからといってiidではない。

Bayesian Data Analysis
Bayesian Data Analysis
posted by xi at 21:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 機械学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでAdobeReaderをfirefoxのウインドウ内で起動する方法

LinuxでAdobeReader(acroread)をfirefoxのウインドウ内で起動する方法

○ まずはadobe readerをインストール

http://www.adobe.co.jp
の GetAdobeReader をクリックし、adobereaderをダウンロード。
rpmをダウンロードすると、
# rpm -i AdobeReader_jpn-7.0.1-1.i386.rpm

/usr/local/Adobe/Acrobat7.0
に簡単にインストールされます。

私の場合、前のバージョンのものが入っていたので
# rpm -e AdobeReader_enu
で古いものを消してからインストールしました。

○ 次にプラグインのインストール。

# cd /usr/local/Adobe/Acrobat7.0/Browser
で移動し、
# ./install_browser_plugin
と実行し、ユーザ個人で使う場合はインストール先ディレクトリを
/home/ユーザ名/.mozilla/
と入力すると、nppdf.soがコピーされ、pdfファイルをfirefoxで開くと
ウインドウ内で起動されます。

posted by xi at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。