2005年12月22日

「大地の子」山崎豊子

中国に残された日本人戦争犠牲孤児の物語。
取材3年、執筆5年かけ綴った大作。

カタイ内容で読みにくそうと思っていたが、
すんなりの話にのめりこめ、夢中になってしまった。
また、家族、中国文化、歴史(文化大革命)を体感することができる小説。

主人公は陸一心。
5歳の時、満州で終戦を迎え、ソ連兵に家族を殺されながらも生き延びた。
悲劇はそれだけでは終わらない。
その後、中国人に拾われ、奴隷として働かされ、売られ、
小日本鬼子と中国人から差別され、無実の罪で刑務所に入れられ、
辛い日々を送る。

陸一心の半生を読むと、自分の日々の悩みがしょうもないことに思われる。

その辛い日々のなかでも陸一心は志をもち、
まじめに生き、幸せをつかむ。
少しは見習わないといけない。

その陸一心の人生を支えたのは、
売られていた幼い日本人陸一心を自分の子として育てた
中国人教師陸徳志だった。
愛情を注ぎ、貧しいながらも大学まで行かせ、子供の幸せだけを祈る父。
刑務所での悲惨な生活を送り、死を選んだ方が楽であったが、
父に恩を返す前には死ねないと、それだけを希望に生きた陸一心との父子の愛には、
胸がいっぱいになった。

大地の子
大地の子
posted by xi at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

人間の欲求とインド旅行

アメリカの心理学者マズロー(1908〜1970年A.H.Maslow)は、
人間の欲求を5つの階層に分けた。

第1段階.生理的欲求(食欲、睡眠欲)
第2段階.安全の欲求
第3段階.親和の欲求(他者とのコミュニケーション)
第4段階.自我の欲求(他人から認められたい)
第5段階.自己実現の欲求(自己の成長)

低い段階ほど強い欲求で、
低い段階の欲求が満たされるにしたがって、高い段階の欲求を感じるようになるという。

インドへ旅行に行った時、お金を持っている旅行者からボッたくろうと
多くのインド人がよってきた。
彼らの生活は貧しく、低い段階の欲求が満たされていないため、
他人から認められたいという欲求はなく、
生理的欲求、安全の欲求を満たすため、他人をだましてでもお金を儲けようとする、
ということだろうか。
posted by xi at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

pythonで2つの日付の間の日数を数える方法

python 2.3.4で確認

>> import datetime
>> a = datetime.date( 2005, 12, 14 ) #2005年12月14日
>> b = datetime.date( 2004, 12, 14 ) #2004年12月14日
>> c = a - b #cはdatetime.timedelta Objectになる
>> c.days()
365

毎月の日数は変わるし、閏年もあるから、
自分で計算しようとすると簡単には書けないですが、
datetimeを使うと、簡単に計算できます。

参考
http://docs.python.org/lib/datetime-date.html

python 2.2にはdatetimeが入っていない。。。
posted by xi at 22:02| Comment(1) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

交換可能性と独立同一分布

exchangeablityとindependent and identically distributed (iid)

交換可能である(exchangeable)とは、
確率変数x{1},...,x{n}の同時分布が
変数を交換しても変わらないこと、
つまり、
p(x{1},...,x{n})=p(x{i1},...,x{in})
であることである。
ここで、i1,...,inは1からnの全順列を表す。

iid(独立)であれば
p(x{1},...,x{n})=p(x{1})*...*p(x{n})
となるので、exchangeableである。

しかし、exchangeableだからといってiidではない。

Bayesian Data Analysis
Bayesian Data Analysis
posted by xi at 21:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 機械学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LinuxでAdobeReaderをfirefoxのウインドウ内で起動する方法

LinuxでAdobeReader(acroread)をfirefoxのウインドウ内で起動する方法

○ まずはadobe readerをインストール

http://www.adobe.co.jp
の GetAdobeReader をクリックし、adobereaderをダウンロード。
rpmをダウンロードすると、
# rpm -i AdobeReader_jpn-7.0.1-1.i386.rpm

/usr/local/Adobe/Acrobat7.0
に簡単にインストールされます。

私の場合、前のバージョンのものが入っていたので
# rpm -e AdobeReader_enu
で古いものを消してからインストールしました。

○ 次にプラグインのインストール。

# cd /usr/local/Adobe/Acrobat7.0/Browser
で移動し、
# ./install_browser_plugin
と実行し、ユーザ個人で使う場合はインストール先ディレクトリを
/home/ユーザ名/.mozilla/
と入力すると、nppdf.soがコピーされ、pdfファイルをfirefoxで開くと
ウインドウ内で起動されます。

posted by xi at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

直行行列は回転行列

行列UがU'U=Iとなるとき、Uは直行行列である。
ここでU'は行列Uの転置、Iは単位行列を表す。

xをベクトルとすると、y=Uxと線形変換したとき、
yはxを回転したものになる。

yのノルムは
||y||=y'y=(Ux)'(Ux)=x'U'Ux=x'x=||x||
とxのノルムと等しく、

また、

y=Uxとw=Uzの内積は
y'w=(Ux)'(Uz)=y'U'Ux=y'x
とxとuの内積に等しくなる。

つまり、直行行列による線形変換は大きさも、xとzが成す角も保存する、
回転させる変換となるわけです。

プログラミングのための線形代数
プログラミングのための線形代数
posted by xi at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。