2005年10月25日

「あれかこれか」キルケゴール

合コンかデートか

その場限りの楽しさを求めるのではなく「美的実存」
その選択がもたらす将来の効用までを考え「倫理的実存」
デートを選んだ

日常生活でわれわれは,つねにさまざまな選択に直面しており,そこではどちら
かでしかありえないにもかかわらず,どちらにしても後悔することにしかならない
http://learning.xrea.jp/%A4%A2%A4%EC%A4%AB%A4%B3%A4%EC%A4%AB.html
posted by xi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコで頭が悪くなるのか?

タバコは健康に悪いが、頭には悪いのだろうか?

煙草を吸うと、ニコチンの作用で脳の血管が収縮する。
脳に血液がまわらなくなって、頭が悪くなるような気もする。

アインシュタインは喫煙者だった。
しかも、ノーベル賞受賞者のほぼ全員が喫煙者、
しかもも大多数が ヘビースモーカーだそうである(データが少し古いかも)。
http://diary.jp.aol.com/applet/hhb5j9rekva/20050128/archive

少し安心した。
たばこを吸っていてもノーベル賞はとれるようだ。

しかし、
長期間の喫煙と、頭の回転を鈍さ、IQ低下は関連がある
(Long-term tobacco use associated with dulled thinking and lower IQ)
http://www.sciencedaily.com/releases/2005/10/051012231439.htm
との研究もあるようなので、吸わないにこしたことはない。
posted by xi at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「人間失格」太宰治

教養になる昔の有名な文学作品でも読んでみようと思い
たまたま本屋に平積みになっていて目に付いた「人間失格」を買った。
こんな昔の小説を読むのは高校時代に読書感想文を書かされたために読んだ
夏目漱石の「こころ」以来だった。
読み始めは慣れない言葉、書き方のため少々読みにくかったが、
1度読み進めると最後まで一気に読んでしまった。

自分の幸福の観念と、世の全ての人たちの幸福の観念とが、
まるで食い違っているような不安、自分はその不安のために夜々、
輾転し、呻吟し、発狂しかけたことさえあります

葉蔵は幼い頃から「道化者」として振舞った。
他人を恐れ自分の闇の部分を隠すため、明るく皆を笑わせた。

まわりもこの「道化者」はいるんだろうか?
自分は、自分の暗い部分を隠すため、自分をよく見せるために
ヌイグルミを着て人と接している。
誰だって他人の心は分からないものだし、
少なからず道化者を演じているはずだ。
より意識的か、無意識的かの違いはあれ。
意識的な道化者探しをしてみるのも面白いかも。
葉蔵のように見破られるのを恐れているかもしれない。

誰にも訴えない、自分の孤独の匂いが、多くの女性に、
本能によって嗅ぎ当てられ、後年さまざま、自分がつけこまれる
誘因の一つになったような気もするのです

女性をひきつけるために、お茶目でありながら孤独でミステリアスな部分を持つこと。

「人間失格」は太宰治の自伝であり遺書であった。
作品完成の1ヶ月後、彼は自らの命を絶つ


人間失格
人間失格
新品270円、ユーズド1円から
posted by xi at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。