2005年09月05日

行列計算メモ

対称行列の逆行列は対称行列
半正定値行列の和は半正定値行列
半正定値行列の逆行列は半正定値行列

行列式が0ならば、行列は線形従属
det(A)=0 ⇔ Ax=0(x≠0)となるxが存在する
posted by xi at 22:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。