2005年02月13日

栗林公園の梅

まだ5部咲ですがきれいでした。

栗林公園梅.jpg

梅の花言葉は「忠実」「気品」。
桜ほど華やかさはないですが、その花言葉にもなっている「気品」が感じられます。
ちなみに、梅はバラ科サクラ属の一種。
バラ科なんですね〜。知らなかったです。
バラ科は綺麗な花を咲かせるものが多くて
↓のホームページで色んなバラ科の花が見られます。
http://ch.kitaguni.tv/u/1216/%BB%CD%B5%A8/0000071607.html

栗林公園は高松市街にある広い公園。
特別名勝にも指定されています。
入場料大人400円。

栗林公園ホームページ
http://www.pref.kagawa.jp/ritsurin/
posted by xi at 20:17| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川で讃岐うどん作り

香川の金毘羅さんの近くの「中野うどん学校」で
讃岐うどん作りをしました。

讃岐うどん.jpg

60分くらいで生地から作って食べて1500円。
うどんなんて家でも簡単につくれますが、
讃岐うどんの知識も得られるし、旅の思い出にはイイです。

前日の夕方に申し込んだんですが、次の日の朝の授業を受けられました。
友達と2人だけの授業には少しビックリしましたが、
気軽に質問できてよかったです。

まずは生地作り、と思いきや、
はじめは、店の人によって作られて寝かせられた生地を、
伸ばして、切って、麺にする作業でした。
生地をつくってから寝かせないといけないので
こんな順番で人のつくった生地で作るっぽいです。

うどんの材料は、小麦粉、水、塩の3つ。
小麦粉でも中力粉を普通使うけど、なければ薄力粉や強力粉でもイイらしいです。
水は軟水を使うのがよくて、水道水を使う場合は、
カルキ抜きのために、30分くらい置いておくとイイらしいです。
置いておくだけで、カルキって抜けるんですね。
知らなかったです。

自分で作った麺は授業の後に食べられて、
自分で作った生地はおみやげにして持って帰れます。
あと、うどん作りの秘伝書と卒業証書とうどん伸ばし棒ももらえます。

自分で作ったうどんは、やっぱりウマイです。

中野うどん学校のホームページ
http://www.nakanoya.net/school_01.html

うどんの作り方のホームページ
http://allabout.co.jp/gourmet/udon/closeup/CU20010808udon2/
posted by xi at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。