2005年02月05日

脳とコンピュータの違い

最近のコンピュータはどんどん賢くなってきている。

しかし、依然、人間にはできて、コンピュータにはできないことはたくさんある。
人間と自然な会話をすることもできないし、
創造的な企画書を書くこともできない。

また逆に、コンピュータにできて、人間にできないこともたくさんある。
400984423×9152390143を計算するのにコンピュータは一瞬でできるし、
googleなどの検索エンジンでは何十億ものWebページから一瞬にして
キーワードが含まれるページを教えてくれる。

なぜこのように脳ができることと、コンピュータができることは違うのか?

脳はいまだ謎が多いが、
現在までで分かっていることを現在のコンピュータと対比すると
コンピュータ
計算ユニット数200億ニューロン1CPU
計算速度200Hz3GHz
エラー率高いほぼ0
となる(コンピュータは普通のパソコンのもの)。

計算ユニット数は同時に計算することができる数。
コンピュータは並列化すればこの数を増やすこともできるが、
200億並列計算機は技術的にも資金的にも不可能である。

計算速度は1秒間に行うことができる計算の数。
G(ギガ)は10億なので、コンピュータは脳の1000万倍以上早く計算できる。

コンピュータはエラーがあったら、
全く動かなくなってしまうのでほぼ0である。
一方脳はエラーを結構起こす。
しかし、うまく動いている。

このように脳とコンピュータはその原理的にも大きな違いがある。

最近の人工知能の研究は、
脳の原理をまねて人間のように考えるものをつくろうとするのではなく、
コンピュータの特長である計算速度、記憶容量を最大限生かして、
限られたことだけできるようなものをつくる、という研究が多い。

IBMのスーパーコンピュータがチェスの世界チャンピオンに勝つことはできたが、
そのスパコンは頭がいいとは言えない。
ただチェスしかできない、人間だったら全くどうしようもない人である。

もちろん、このような研究は、工学的な応用が様々考えられ、意味のある研究である。
しかし、この方向で研究を進めて行ったのでは、
人間のように考えるコンピュータをつくるのは難しいような気がする。

脳の簡単な数理モデルから作られたニューラルネットは、工学的にも成功した。
今後、また新たな脳科学の発見から、
人工知能の分野に大きな発展があることを期待している。

関連文献
心は機械で作れるか
心は機械で作れるか、ティム・クレイン
posted by xi at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

seesaaブログに刺激されメモリ増設

seesaaブログが1/28にサーバとメモリを追加して、
以前は10時くらいになると再構築ができないし、
管理ページでページ移動もできなかったのに、
今ではサクサク動くようになりました。

自分のPCはメモリが256MBで、ときどき異常に遅くなることがあったので、
seesaaブログもメモリ増強でかなりパワーアップのに刺激され
(seesaaの場合はサーバ追加の力の方がおおきいような気もしますが)、
ほとんどパソコンをいじったことがないにもかかわらず、
メモリ増設しました。

今の自宅のパソコンを開けたこともなかったのですが、
ねじを二つ取ってはじめて開けてみました。
タワー型省スペースパソコンだから拡張とかあまりできない
と勝手に思ってたのですが、
メモリスロットが1つ空いているし、
PCIスロットも3つ空いているし、
まだまだ色々グレードアップできそうな感じです。
PC内部.jpg

184ピン、PC2100/2700、DDRで2GMまでサポートしていること、
今使ってるのはPC2100、CL2であることをを説明書で確認して、電気屋さんへ。
電気屋さんでは、PC2700、PC3500、C2.5、C3など
同じような製品でも少しずつ違うメモリがたくさん置いてありました。

よく分からないので店員さんに確認したところ、
PC○○○○の違いは転送速度の違いで、
PC2700の場合は、2700MB/sらしい。
今使っているのはPC2100だけど、PC2700と共存させても、
速度はPC2100になってしまうけど、問題はないということで、
値段も一緒だったしPC2100のを買うことにしました。

CL○の意味はよく分からなかったけど、
現在使っているものと違っても問題ないということなので、
CL2がなかったため、CL2.5のを買いました。

ですが、帰ってきてからインターネットで調べたところ、
http://www.atmarkit.co.jp/fpc/pcmainterepair/pcmr003/pcmr003_03.html
ただし、複数のメモリ・モジュールを装着している場合、それぞれのCL値が異なっていると、まれに不安定になるなどの問題が生じる場合がある。そのため、メモリ増設の場合、CL値が小さければいいとはいいきれない。可能なら、すでに使用しているメモリ・モジュールと同じCL値のものを使うようにしよう。
らしい。”まれに”不安定になることがあるとは・・・。
ちょっと不安になってしまいました。
さきに調べろよ!って感じです。
上のページに色々メモリ増設に関する必要知識が書かれているので、
初めて挑戦される方は読まれることをオススメします。

また
CL値が小さいほど処理速度は速くなる。しかし、CL3とCL2のメモリの性能差は、メモリのベンチマーク・テストでも5〜10%程度しかなく、体感的にはほとんど違いはない。
と、小さい方がいいんですね。
買ったときには、PCと同じく大きいほうがいいと思ってました・・・。

で、メモリスロットにハメようとしたのですが、
なかなかはまらない。
以前に知人から、思いっきり力を入れて強引に入れるものだよ
と聞いていたので、買ってきたばっかりの高価なメモリだったから
おそるおそる、力を入れて押し込んだら、

バキッ!

と、ちゃんとはまりました。(※これは壊れた音ではないです)

PCを起動して、コントロールパネル→システム→全般で確認したところ、
736MBとしっかり認識されていたので、一安心です。

今回は遠くまで買いに行ったりするのは面倒だったから、
近くの電気屋においてあった高いBUFFALOのメモリを買ったんですけど、
価格.comとか見てるとノーブランド品は安いですね。
半額くらい。
でも、
安いノーブランド品でデュアルチャンネルを組みたい場合は、相性保証があるPC専門店で購入した方がよいでしょう。
私としては高いノーブランド品(Samsung、Hynix、Micron、Infineon、Elpidaなどのメジャーチップ搭載品、JEDEC準拠品など)がオススメです。
予算があるならケチらずに、アイオーデータやバッファローなどの箱入り保障付のサードパーティ品を買いましょう。

http://www.kakaku.com/bbs/Main.asp?PrdKey=05200010007
とのことです。
posted by xi at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤブ歯医者???

ヤブ医者の語源
語源は色々とあるが、有力なのは「ヤブ」とは「野巫(ヤブ)」だとする説。つまり、田舎の巫女で医者の心得もないのに、まじないでなどで治療する人の事。怪しげなので、「ヤブ医者」という言葉が生まれた。
語源辞典より
http://www.geocities.jp/honmei00/zasugaku/gogenya.html

歯医者に通うきっかけになったのは親知らず。

親知らずがグングン伸びてきて、
下の歯並びが悪くなり、ときどき歯が痛くなるので、
親知らずを抜いてもらいに、歯医者に行ったのですが、

親知らずは神経まで伸びているから抜くのは難しいということで
親知らずは何もされず、
虫歯がいくつか発見されたから、
それを治療するのに3ヶ月くらい通うことになりました。

それまで今住んでいる所で歯医者に行ったことがなかったので、
地元の広告誌に載っていた土曜日にもやってる歯医者に行きました。
歯医者って選ぶの難しいですね。
たくさんあるんですけど、いい歯医者か悪い歯医者か見分けられない。
歯医者ランキングの本
信頼できる歯医者さん2000人
信頼できる歯医者さん2000人
やWebページ(総合歯科アクセスランキング)
http://www.dental-clinic.com/dental-search/search-engine4/rank.cgi
はあったりするけど、通うのに都合のいいところが載っているとはかぎらないし。
行ったところは、ボロボロでもないし、ガラガラでもないから、
まぁいいかなと思って、そこに通うことにしました。

ヤブかな?と思い始めたのは、
歯医者行くまでは全く虫歯で歯が痛くなってはなかったのに、
治療をしたら、眠れないこともあるくらい歯が痛くなってしまったから。
ご飯もまともに食べられないし、
冷たい飲み物なんてもってのほか。

でも、インターネットなどで調べると、
治療で歯が痛くなることはどんなに腕のよい歯医者でもあることらしいです。
通っている歯医者さんで「痛くなるのは仕方がない」と言われても
「あんたがヤブだからじゃないか」って思ってしまいますが、
利害関係のない人に言われたら
「そうか、それだったら、虫歯にした自分が悪いんだから仕方がない」
って思えました。

今ではもう歯が痛くなることはないですし、
ちゃんと歯を磨けるように
Braun オーラルB アドバンスパワー 800 ブライト D8013B-E
Braun電動歯ブラシ
を買いました。
電動歯ブラシ、高いものは1万円を超えるけど、
手ごろな値段で、充電器つきのを探したら、これになりました。
以前に300円くらいの安いのを買ったんですが、
それは、振動で手が痛くなるし、使い物にならなかったです。

話は全く変わるのですが、ヤブの語源を調べてて発見した語源辞典
http://www.geocities.jp/honmei00/zasugaku/gogen.html
おもしろいです。
posted by xi at 01:06| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。