2005年02月05日

ヤブ歯医者???

ヤブ医者の語源
語源は色々とあるが、有力なのは「ヤブ」とは「野巫(ヤブ)」だとする説。つまり、田舎の巫女で医者の心得もないのに、まじないでなどで治療する人の事。怪しげなので、「ヤブ医者」という言葉が生まれた。
語源辞典より
http://www.geocities.jp/honmei00/zasugaku/gogenya.html

歯医者に通うきっかけになったのは親知らず。

親知らずがグングン伸びてきて、
下の歯並びが悪くなり、ときどき歯が痛くなるので、
親知らずを抜いてもらいに、歯医者に行ったのですが、

親知らずは神経まで伸びているから抜くのは難しいということで
親知らずは何もされず、
虫歯がいくつか発見されたから、
それを治療するのに3ヶ月くらい通うことになりました。

それまで今住んでいる所で歯医者に行ったことがなかったので、
地元の広告誌に載っていた土曜日にもやってる歯医者に行きました。
歯医者って選ぶの難しいですね。
たくさんあるんですけど、いい歯医者か悪い歯医者か見分けられない。
歯医者ランキングの本
信頼できる歯医者さん2000人
信頼できる歯医者さん2000人
やWebページ(総合歯科アクセスランキング)
http://www.dental-clinic.com/dental-search/search-engine4/rank.cgi
はあったりするけど、通うのに都合のいいところが載っているとはかぎらないし。
行ったところは、ボロボロでもないし、ガラガラでもないから、
まぁいいかなと思って、そこに通うことにしました。

ヤブかな?と思い始めたのは、
歯医者行くまでは全く虫歯で歯が痛くなってはなかったのに、
治療をしたら、眠れないこともあるくらい歯が痛くなってしまったから。
ご飯もまともに食べられないし、
冷たい飲み物なんてもってのほか。

でも、インターネットなどで調べると、
治療で歯が痛くなることはどんなに腕のよい歯医者でもあることらしいです。
通っている歯医者さんで「痛くなるのは仕方がない」と言われても
「あんたがヤブだからじゃないか」って思ってしまいますが、
利害関係のない人に言われたら
「そうか、それだったら、虫歯にした自分が悪いんだから仕方がない」
って思えました。

今ではもう歯が痛くなることはないですし、
ちゃんと歯を磨けるように
Braun オーラルB アドバンスパワー 800 ブライト D8013B-E
Braun電動歯ブラシ
を買いました。
電動歯ブラシ、高いものは1万円を超えるけど、
手ごろな値段で、充電器つきのを探したら、これになりました。
以前に300円くらいの安いのを買ったんですが、
それは、振動で手が痛くなるし、使い物にならなかったです。

話は全く変わるのですが、ヤブの語源を調べてて発見した語源辞典
http://www.geocities.jp/honmei00/zasugaku/gogen.html
おもしろいです。
posted by xi at 01:06| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

西郷隆盛はなぜ上野にいるのか?

西郷隆盛.jpg

上野公園の犬をつれた西郷隆盛像は有名です。
でも、どうして上野に立っているのだろう?
薩摩(鹿児島)の人なのに。

調べてくれている人がいました。
http://www.tanegashima.co.jp/magazine/200403241226.html
西郷さんは、1877(明治10)年、明治政府に対する反乱(西南戦争)
を起こして亡くなりました。
西南戦争後は賊軍として扱われ、像を作る
など以ての外だったようです。しかし、そうしたいきさつをもって
も余りある維新への功績と人柄に心寄せる人は多くいたよう。
そうした理由からか、大日本憲法発布で恩赦を受け、それを機に、
御下賜金(天皇陛下が西郷像を作るために出してくれたお金)
ほか有志2万5千人の醵金で、上野の西郷像が作られたとの
ことです。


政府にたてついたのに、そのお膝元の上野にでっかい像を建てさせることからも、
西郷さんのすごさが分かります。
posted by xi at 23:51| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を動かす

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版、D・カーネギー

初版が書かれたのは1936年で、
1981年の改訂版が出るまでに全世界で1500万部売れたてたらしいから、
とんでもなく売れている本。
今でも大きな本屋さんでは平積みにされてたりして、売れてるっぽいです。
歴史的な自己啓発本。

普段の生活のなかで必ず生きてくる
人を動かす三原則
人に好かれる六原則
人を説得する十二原則
人を変える九原則
幸福な家庭を作る七原則

を実例を交えて、教えてくれます。

気難しいお客さんを持つ営業マン、
心を開いてくれない子を持つ親、
働いてくれない部下を持つ上司、
がこれらの原則を使って成功したという実話が数多く載ってます。

たくさんの原則があるので、
とりあえず2つの原則を気をつけることにします。
・人をほめること
・重要感を持たせること

ほめることの重要性は本の至る所で書かれています。
人を動かすにも、人を変えるにも、よい家庭を築くにも、
誠実にほめることが大切。
でも、単なるお世辞ではいけないらしいです。
相手をよく観察し、
ささいなことでも本当によいところを見つけなければなりません。
これは結構難しいことですね。
ほめることの効用は、科学的にも証明されているらしいです。

心理学者スキナーは、動物の訓練では、
善いことをしたときの褒美をやった場合と、
まちがったときに罰をあたえた場合とをくらべると、
前の場合のほうがはるかによく物ごとを覚え、
訓練の効果が上がることを実証した。
また、その後の研究から、
同じことが人間にもあてはまることが明らかにされている


誰でも他人からからすごい人だと思われたいものですね。
この人間の純粋な気持ちをうまく使えれば、
人をうまく動かすことができそうです。

フロイトによると、人間のあらゆる行動は、二つの動機から発する
すなわち、性の衝動と、偉くなりたいという願望とがこれである
posted by xi at 22:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

国立科学博物館

上野公園にある国立科学博物館
http://www.kahaku.go.jp/
に行ってきました。

お台場の未来科学館は好きで何回か行ったことがあったのですが、
ここは初めてでした。
単なる化石が並べてあるような博物館はあまり好きではなくて、
カタい名前から想像してそんな博物館っぽいから、
これまで来ようとは思いませんでした。

でも、もしかしたら面白いかもしれない、と思って行ってみたのですが、
正解でした。
子供だけでなく大人も楽しめます。
不思議な物理現象を体験できたり、
変わった生き物の標本を見れたり。

420円であれだけ遊べるのは安い。
勉強にもなるし。

高校生におすすめです。
受験勉強に疲れたとき、行ったら
やる気がわいてくるかもしれません。

館内にお金が返ってくる100円ロッカーあります。
posted by xi at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベイズ統計と統計物理

岩波講座物理の世界 物理と情報 (3) ベイズ統計と統計物理
ベイズ統計と統計物理、伊庭幸人、岩波書店

「考える」とか「推理する」ということと、物理とのアナロジー
について書かれた本。

薄い本なので最後までくじけずに読みきれるはずです。

ベイズの枠組みで確率的推論ができるが、
分からない部分が多くて依存関係グラフにループが多くある場合、
膨大な量の計算が必要となる。
統計物理の分野で使われてきた計算手法(マルコフ連鎖モンテカルロ法)
を使うことで、この計算が簡単に(寝ている間に)できてしまう

というストーリーで、

統計物理とベイズ統計のどこが似ていて、
どうして統計物理の方法が推論に使えるのか、
どこが違って、どのように改良して使えるようにしたか、
などが分かります。

はじめて学ばれる方にとっては、夏の午後の街路のように平穏に歩け、専門家にとっては、足元の影に目を落とせば忽ち迷宮に迷うような本を書きたかった

というわけで、
ベイズ統計しかしらない情報の人にも、
統計物理しかしらない物理の人にも、
両方とも知らない普通の人にも、
両方とも知っている変わってる人にも
楽しめるように書かれた本。

関連図書
ベイズ統計学入門
ベイズ統計学入門
posted by xi at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英文速読でリスニング力を鍛える

一分間に二〇〇語の英文を読めますか?―リーディングで鍛えるリスニング
一分間に二〇〇語の英文を読めますか?―リーディングで鍛えるリスニング、ディビッド・セイン、森田修、角川書店

英語ネイティブスピーカは普通、1分間に150語しゃべる。
早口の人でも200語。
もし、1分間に200語の英文を読むことができれば、
原理的には早口の人の英語にもついていける。
リスニング力を鍛えるために英語をたくさん聞くのがヨイとよく言われるが、
速読でも上がるんですね。

リーディングの方が得意な日本人にとってはいい勉強法かも。
posted by xi at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。